バーテンダーの役割

気分を明るくしてくれる貴重な存在

仕事で疲れたとき、なんとなく落ち込んだとき、楽しいことがあったとき。人がお酒を飲みたいと思った瞬間に、最高のおもてなしをするのがバーテンダーの仕事です。

そしてお酒を作るだけでなく、楽しい会話でお客さまを喜ばせる。世の中の大人たちにとって、バーテンダーは気分を明るくしてくれる大切な存在なのです。

学歴や年齢は関係なく、実力で勝負

バーテンダーの世界に学歴や年齢は関係なし。やる気と実力があれば、腕次第で出世もできますし、独立開業して稼ぐことも夢ではありません。年功序列というシステムやガチガチのマニュアルもなし。

自分の腕一本で夢をつかみたい!と思う人にとっては、バーテンダーという職業は魅力的なステージと言えるでしょう。

チャンスを与えてくれる職種

バーテンダーという職業の大きな魅力のひとつが、さまざまなお客さまと接する機会があるということ。いろいろな人と出会って人脈を広げたいと思っている人や、さまざまな世界観の人と話をして経験をつみたいと思う人にとっては大変適した場所となります。

そこでつかんだチャンスをきっかけに、夢を実現する人も。バーテンダーは、世の中の人々にチャンスを与えてくれる職種でもあるのです。