バーテンダーの仕事内容

ただお酒を作って提供するだけではない!

オシャレなバーカウンターの中で、颯爽とシェーカを振るバーテンダー。そのクールな姿に、一度は憧れたことがある人も多いのではないでしょうか?一見華やかで格好いいバーテンダーという職業ですが、ただお酒を作って提供するだけでなく、いろいろな技術が求められる奥の深い職業なのです。

様々なテクニックを駆使して最高の一杯を

バーテンダーの仕事の基本はもちろんバーでカクテルなどの「お酒をつくること。」です。しかし、お酒を作るといっても実はとても奥が深いのです。お酒には何百種類もありますので、このお酒を絶妙にブレンドして、お客さまのお好みに合った味を作り出していく必要があります。

カクテルと一言で言ってもその数は数千種類あると言われています。決まったレシピだけでなく、お客さまの要望に応じて、オリジナルのカクテルを作ることもあります。定番のカクテルにおいても、バーテンダーごとにこだわりがあり、味が変わってきます。

こうした技術を極めるには、長年の経験やセンスが求められます。お酒をブレンドする技術ひとつとっても、シェイカーを振ったり、ステアしたり、氷と一緒にミキサーにかけたり、グラスに注いでビルドしたりと、実に色々なテクニックがあるのです。

また、お酒をつくるだけではなく、簡単な調理をすることもあります。お酒の残量確認や発注など、さまざまな仕事をこなします。

お客さまに楽しいひと時を提供

お店に来てくれたお客さまを楽しませるのもバーテンダーの重要な仕事。何度もバーに来て下さる常連のお客さまの顔や名前をしっかり覚えるのはもちろん、職業や趣味なども把握して、常に楽しい会話ができるように努力することも必要です。

初めて来られたお客さまでも、バーテンダーと話をしたい人もいますので、その場合も会話が弾むように心がけます。

一方で、話をしたくないお客さまもいますので、どういった接客を望んでいるのかを察しなければなりません。来店したお客さまが気持ちよくお酒を飲めるよう話を聞き、適切に会話をすることが求められます。そのためには、お酒の知識だけではなく、一般的な教養も必要になってきます。

お酒と会話とその場の雰囲気で、お客さまに楽しいひと時を提供するのがバーテンダーの仕事なのです。