バーテンダーの現状と将来性

競争は厳しくなっている

飲食業界の競争は厳しく、年々低価格化が進んできています。バーに関しても同様で、リーズナブルな金額で飲めるバーも増えてきています。

今後もバーテンダーという仕事がなくなることはないと考えられますが、競争が厳しくなってくるため、大幅な待遇改善は望めないでしょう。自分だけの強みや特徴があるバーテンダーが今後はいっそう重宝されるようになってくるはずです。

女性バーテンダーの増加

バーテンダーは男性がほとんどを占めていましたが、近年女性のバーテンダーが増えてきています。バーに通う女性の顧客も増えている傾向にあり、接客スキルも高い女性に対するニーズは今後も高まっていくと考えられます。

管理職やソムリエの道が開けることも

不景気で飲食店の売り上げ低迷が懸念されるからといって、バーテンダーという職業を断念することはありません。現場でシェーカーを振り続けるだけでなく、勤務する場所によっては、ホテルの料飲部門のマネジャーなど管理職への道も開けたり、大型店のマネージャーや店長に抜擢されることだってあります。

そうなれば必然的に、給与もある程度は期待できることもあるでしょう。また、中にはバーテンダーからソムリエの資格を取得して、活躍の幅をさらに広げる人もいます。

独立開業するという選択肢もあり

ずっと立ちっぱなしだったり、お付き合いでお酒を飲んだり…。体を使うバーテンダーのお仕事は、年齢が上がるとともに厳しいと感じることもあるかもしれません。

しかし、ずっと現場で働き続けなくても、自分でお店を開いて独立開業するという選択肢もあります。いつか自分でお店を持ちたい…という思いを持って働く人も多いようです。ただし、安易に開業してしまうと失敗する確率が高いので、十分な準備をすることが必要です。

自分の目標に合った努力が必要

全国規模の技能大会やメーカー主催のコンクールに挑戦して、有名なバーテンダーを目指す。バーテンダーだけでなく、ソムリエや飲食関連の資格を取得して独立への道を拓く。高級感のあるホテルやレストランなどのバー、大型チェーン店のバーで働いて出世を狙う。

個人経営が学べる小さなバーで働く。バーテンダーを生涯の職業とするなら、自分の目標に合った経験がつめる職場を選んだり、勉強をすることが大切です。