バーテンダーの給料・年収

勤務するお店によってさまざま

バーテンダーの給与は、勤務するお店の条件によって幅広く変わってきます。一般的なバーで働く場合は、通常の飲食店と同様の給料です。深夜の勤務となりますが、個人経営である店では、深夜手当などが出ないこともありますので注意が必要です。

基本的にはあまり高い給与を見込むことはできません。月給16万〜22万円くらいが相場となります。平均年収は300万円~400万円と言われており、下積みの期間がある場合は、収入が300万円未満になることもあります。

この金額に、福利厚生や賞与、売り上げに応じた歩合給などが付く場合もあります。

実力次第で、給与はいかにでも変化

現場でシェーカーを振り続けるだけでなく、お店のマネジャーや店長に抜擢されたり、本社の飲食部門の管理職になった場合には、必然的に給与も平均以上の金額が期待できることもあるでしょう。

また、ホテルの社員として働く場合は、そのホテルの給与水準に応じた給料となります。

人気店の看板バーテンダーになれば、自分の売り上げに応じて歩合で給与をもらえるケースもあります。実力次第で、給与が上がっていく可能性があるのがバーテンダーという職業の魅力です。

もっと稼ぎたい!という人は独立という選択肢も

「もっと稼ぎたい」または「自分の理想の店をつくりたい」という野心のある人には、自分でお店を開いて独立開業するという選択肢もあります。いつか自分でお店を持ちたい…という思いを持って働くバーテンダーも多いようです。

独立すれば、自分のやり方しだいで収入をアップさせることが可能です。お酒をメインに扱うバーは食べ物を扱う飲食店と異なり、調理設備の初期費用が節約できる、ロス(無駄になって破棄してしまう食材など)が少ない、などの利点もあります。

ただし、都内は特にライバル店がひしめいていますので、成功する確率はそれほど高くはありません。かなりの経営努力は求められるでしょう。