バーテンダーの需要と求人・採用募集状況

飲食店が豊富な都心部では需要が多数

ひとつの店舗で雇われているバーテンダーの数は、そこまで多くはありません。小さなお店だと、一店舗をひとりのバーテンダーでまかなう場合もあります。よって、「大量募集」などの大口の求人はあまり行われていません。

しかし、世の中には非常にたくさんの飲食店がありますので、一定の需要は期待して大丈夫でしょう。勤務地が都市に集中するため、地方だとなかなか求人が見つからないというのがややネックではあります。

また、アルバイトの求人はあっても正社員の採用はそれほど表には出てきません。アルバイトから正社員に登用されることが多いのが、この職業の特徴です。アルバイトから正社員を目指すのであれば、そこのバーが正社員登用をしているかどうか、確認しておいた方が良いでしょう。

バーテンダーの求人を探すには

バーテンダーの求人は、飲食系の求人情報サイトに掲載されていたり、お店の店内に求人の張り紙が貼ってあることもあります。最近はお店のホームページに求人情報をアップしているのもよく目にします。

また、飲食業界に知り合いが多ければ求人中の店舗に直接紹介してもらえるケースもありますので、バーテンダーとして就職先を探しているなら日々人脈を広げておくのも賢い方法です。

バー以外の就職先も

バーテンダーの就職先は必ずしもバーだけではありません。お酒をあつかっているレストランでのスタッフ募集も数多くありますし、最近は居酒屋チェーン店でも本格的なカクテルを提供するために、バーテンダーを雇用するケースも増えています。

華麗なパフォーマンスを行うフレアバーテンダーなどを募集しているクラブやアミューズメント施設もあります。