バーテンダーの資格

将来的に独立も考えるなら取得するのがベター

バーテンダーの資格は、国家資格というものはありませんが、民間資格はあります。バーテンダーになるために資格は必須ではありませんが、資格があれば就職先や仕事の幅も広がりますし、バーテンダーとしての自信にもつながります。

大きな大会に出場するのにも資格が必要となる場合もありますので、将来的に独立も視野に入れている人は、資格を取得しておいた方が何かと便利です。

社団法人日本バーテンダー協会(NBA)の資格

バーテンダーの資格で代表的なものといえば(社)日本バーテンダー協会(NBA)が発行している資格です。「社団法人日本バーテンダー協会(NBA)」の資格は3段階に分かれています。

まずは「NBA認定バーテンダー資格証書」、こちらは1年以上の実務経験者で、支部にて面接試験を行い、新入会員と認めた満20歳以上の者が取得できます。

次に「NBA認定バーテンダー技能検定合格証書」。これは協会在籍3年以上で経験5年以上及び「NBA認定バーテンダー資格証書」の保有者で満23歳以上の者が取得可能です。

そして「IBA認定インターナショナル・バーテンダー資格証書」。こちらは協会在籍6年以上で経験7年以上及び「NBA認定バーテンダー技能検定合格証書」を取得して2年を経過した満25歳以上の者が取得できます。どの資格も、取得の際には受講料が10000円~20000円程度かかります。

まずは(社)日本バーテンダー協会の会員に

資格を取得するためには、まず(社)日本バーテンダー協会の会員にならなければいけません。面接試験を受け、衛生問題と酒類全般に関する知識を問われます。

そして資格取得の必要条件を満たし、同協会指定の研修を修了後、証書が交付されるという流れになります。