バーテンダーになるには

未経験でもやる気があればOK

バーテンダーになるためには、必ずしも資格が必要なわけではありません。

バーテンダーになるためのルートとしては、バーテンダーの専門学校やバーテンダー養成スクールに行き、基礎知識を学んでから飲食店で働くか、学校等に行かずに直接現場で学ぶかになります。

いづれにしても最初は下積みから始まり、実務を通じて知識と経験を磨くことが必要です。正社員は実務経験があることを採用の条件にしている場合も多いため、アルバイトから始めるという選択肢もあります。

未経験でもやる気があれば、社員、アルバイト問わず採用してくれる店舗もあります。学歴等も問われることはほとんどないでしょう。女性でも歓迎というお店も増えています。バーテンダーになりたかったら、積極的に求人を探して応募してみましょう。

バーテンダーの求人情報は、飲食系の求人情報サイトに掲載されていたり、お店の店内に求人告知が貼ってあったり、最近はお店のホームページに求人情報をアップしているのもよく目にします。

コミニケーション能力を磨いておこう

お店に来てくれたお客さまを楽しませるのもバーテンダーの重要な仕事。バーにひとりでやってくるお客さまの中には、バーテンダーと話をしたがる人もいます。そんなお客さまを満足させるためには、高いコミュニケーション能力が求められます。

たとえバーテンダーとしての経験がなくても、学生時代に人と接する仕事を経験していれば、バーテンダーの素質として認められることもあります。未成年のバーテンダー志望の人は、そんなことも視野に入れて色々な経験をつんでおくのもいいかもしれません。

一人前になるまでに身に付けること

一人前のバーテンダーとして活躍するまでには、まずはテクニックを身に付けることが必須。お酒類に関する知識はもちろん、実際にカクテルを作る技術を身につけるための勉強と訓練が必要となります。お店によっては、下積み時代があったり、閉店後に練習をするケースもあります。

一方で実力が身につけば、自分でバーを出すということも可能です。

なお、年に一度、プロのバーテンダーが競う全国バーテンダー技能競技大会が開催されており、そこで入賞することができれば、バーテンダーとしての知名度を上げることができます。

また、一定のスキルがあることの証明として、日本バーテンダー協会(NBA)のNBA検定試験制度があります
バーテンダー試験