バーテンダーの魅力

さまざまな人と接することが可能

バーテンダーの魅力は、何と言ってもさまざまなお客様と接することができることでしょう。高級店や一流ホテルのバーなどで働く場合には、上流階級のお客様が多く、場合によっては貴重な人脈を築けることもあります。

普段はなかなか話すことのできない相手でも、バーテンダーであればお客さまも気軽に話しかけてくれるでしょう。仲良くなったお客さまにはお酒を一杯ご馳走になったり、中には休みの日の一緒に飲みにいく仲になったり…ということも。これはバーテンダーの特権です。

重宝されるお酒のプロフェッショナル

お酒には数え切れないほどたくさんの種類が存在し、そのお酒を極めているバーテンダーの技術は、飲食関係の業界では重宝されることがあります。

同じ飲食店でも、フロア担当やウェイトレスよりも、就業先が見つかりやすい可能性もあります。また、お酒に詳しくなれるので、自分が休日にお酒を飲むときに本当に美味しいお酒をセレクトしたり、友人にすすめてあげたりと、楽しみの幅も広がります。

将来的には独立開業という選択肢がある

ずっと現場で働き続けなくても、バーテンダーには自分でお店を開いて独立開業するという選択肢もあります。実際に、いつか自分でお店を持ちたい…という思いを持って働く人も多いようです。

学歴や年齢にとらわれることなく、自分のやる気と実力次第で稼ぐことができるのも、バーテンダーという職業の魅力のひとつでしょう。