バーテンダーの面接

お店の雰囲気に合わせた服装や髪型で

バーテンダーの面接スタイルは就業先によって異なります。例えば、大型店舗や高級レストラン、一流ホテルなどのバーテンダーの面接は、きちんとしたスーツ姿で訪れた方が良いでしょう。

しかし、もっと小さなアットホームなバーや若者向けのカジュアルなバーの面接では、逆にあなた自身のセンスが分かるような、私服に近いスタイルの方が好まれる場合もあります。そのお店の雰囲気やスタイルに合わせて、服装や髪型などは気を遣うようにしましょう。

面接回数も、店長さんや担当者と一度で終了することもあれば、責任者や経営者など複数回に渡って行うこともあります。

これまでの実績をアピール

バーテンダーとして経験がある人は、これまでの実績を思う存分アピールしてください。資格やコンテストでの受賞歴があれば、もちろん強みになります。

もし未経験の場合は、自分がいかにやる気があるかを見せるのが勝負。お酒が大好きで、お酒に対する探究心や想像力が高いことをアピールしたり、体力に自信があることを伝えるのも良いでしょう。

バーテンダーは接客をともなう仕事ですので、「人と接するのが好き」ということを伝えたり、過去に接客業の経験がある場合はそれも強みになるはずです。

明確な目標も伝えておこう

面接の際には、なぜ自分がバーテンダーを志望したかをしっかり伝えましょう。明確な目標がある人は成長が早いので、これも強力なアピールになります。

人と接するのが好きだから、人脈を増やしたいから、将来自分で店を持ちたいから、など自分の気持ちをしっかりアピールしておきましょう。