バーテンダーの学校・スクール

必須ではないものの自信につながる?

バーテンダーになるためには、必ずしもスクールに通う必要はありません。未経験の場合でも採用される場合もあります。しかし、スクールに通って資格を取得すれば就職先や仕事の幅も広がりますし、バーテンダーとしての自信にもつながります。

また、スクールの中には独立開業に関する指導も行ってくれる場合がありますので、将来的に独立も視野に入れている人は、通っておいて損はないでしょう。

実技の授業から就職相談まで幅広く学べる

バーテンダースクールにはさまざまな種類があります。有名なスクールを例にあげると、バーテンダーの世界大会優勝者や全日本バーテンダー技能競技大会優勝者を多く輩出している「日本バーテンダースクール」などがあります。

正式なシェーキングやステアリングの技術を学ぶ実技授業や、お酒に関する座学、器具や材料の扱い方など、幅広く学ぶことができます。希望者には就職先を紹介してくれたり、開業や就職の相談にものってくれたりと、役に立つサポート体制も活用できます。

初心者でも安心して入学可能

バーテンダースクールに通うためには、特に必要な条件はありません。お酒のことを全く知らない初心者でも大丈夫ですし、学歴等も義務教育を修了している方であれば問題なく入学できるケースが多いようです。

費用や期間はスクールによって異なりますが、数万円で受講できるものから、入学金や教材費等を含めると数十万円かかるものまであります。受講期間も学ぶ内容によってさまざまですので、自分の目的に合ったスクールを選びましょう。