バーテンダーのコンテスト

全国バーテンダー技能競技大会

バーテンダーのコンテストでもっとも有名な大会の一つが、日本バーテンダー協会(NBA)が主催する、「全国バーテンダー技能競技大会」でしょう。日本中の腕の良いバーテンダーが集い、その実力を競いあうコンテストです。

コンテスト種目は、フルーツの部、課題の部、創作の部、またジュニア・バーテンダー・カクテル・コンペティションなどに分かれて順位を競い合います。特に創作の部では、毎年オリジナリティあふれる素晴らしい作品が並び、見る人々を楽しませてくれます。

コンテストとして順位を競う以外にも意義のある大会となっています。

コンテストの存在は貴重

このコンテストで優勝すれば、バーテンダーとしてはかなりランクアップできるでしょう。お店を経営している人などは、この受賞暦を看板にすることもあります。

この大会を通じてできた人脈がバーテンダーとして有益になることもありますし、コンテストに参加することで一定のモチベーションをキープできるという意味でも、コンテストの存在は貴重なものだと言えます。

ユニークなコンテストも多数

その他にも日本全国で、酒造メーカーが主催するイベント的なコンテストや、地域イベントの一環としてのコンテストなども開催されています。

ボトルやシェーカーを投げ回してカクテルを造る「フレアバーテンディング」の技術を競うコンテストや、日本酒を使ったカクテルの味を競う「日本酒カクテルコンペティション」などユニークなコンテストもあります。