アルバイトのバーテンダーとして働く

アルバイトで働くという選択肢も

人気の職業でもあるバーテンダーは、競争率も高く、個人経営の店も多いため、なかなか希望通りのお店に正社員で入るのは難しいということもあります。そんなときにはすぐに諦めずに、アルバイトで働くという選択肢を検討してみてはいかがでしょうか。

バーテンダーのアルバイト求人情報は、一般的なアルバイト求人情報誌や、飲食店専門の求人サイト、お店に直接チラシが貼ってあったり、お店のホームページに掲載されていることもありますので、こまめにチェックしておきましょう。

アルバイトとはいえ事前の勉強は大切

アルバイトで入社する場合は、これまでの経験や資格を問われずに採用してもらえるケースもあります。しかしスクールなどで少しでも学んだ経験があれば、実践で役に立つこともあります。

スクールに通っていなくても、お酒の知識を身につけて入社すれば見習い期間が短縮されて早く一人前になれるかもしれません。

妥協せず希望のお店で働けるように

高級なショットバーで働くか、カジュアルな若者向けのバーで働くか。どこに勤務するかで学べる内容は大きく異なってきます。自分の将来のヴィジョンがしっかりあるなら、「どこでもいいや」と妥協は禁物です。

希望のお店で働けるようにしっかり努力をしましょう。普段通っているお気に入りのお店があるのなら、「雇ってくれませんか」と直接聞いてみるのもオススメです。予算の関係で求人誌に採用情報を載せていなくても、実はバーテンダーを探しているといお店も多いのです。