バリスタの仕事内容

最高の一杯を提供するプロフェッショナル

バリスタとは、コーヒーなどの知識を幅広く熟知し、バールやカフェ、レストランなどでお客さまへ最高の一杯を提供するプロフェッショナルです。

日本では「エスプレッソを淹れる人」というイメージが強く根付いていますが、バリスタはただドリンクを作るだけの仕事ではありません。

「接客のプロ」として、来店してくれたお客さま一人ひとりに喜んでもらえるような質の高いサービスを提供し、心地よい空間を演出します。

なお、言葉の響きの良さやイメージアップ等の観点から、大手チェーン店を代表とするコーヒーショップの店員も「バリスタ」と呼ばれることがありますが、本来バリスタはイタリア語でいう「bar(バール)」で給仕する人のことをいいます。

エスプレッソやカプチーノ、酒類など、バールで提供されるものを熟知し、こだわりの一杯を作り上げていくとともに、お客さまが最高のひと時を過ごせるように力を発揮します。

バリスタの活躍の場はさまざまあり、人によって働き方も異なります。

バールのバリスタとして働く

イタリアなどでは、出勤前に一杯エスプレッソを飲んでから会社へ、という習慣がありますが日本ではまだそういった習慣はあまり見られません。そのため、日本のバールでは、早朝から開店している場所はあまり多くないようです。

バールで働くバリスタは、エスプレッソマシンなどを用いて、エスプレッソ・カプチーノ・サイフォンなどさまざまなコーヒーを作ります。そのほか、酒類も扱うのでその提供も行います。

バールはあまり広くなく、立ち飲みのスタイルが多いため、素早く、かつクオリティも意識した提供をしなければなりません。お客さまとの距離感も近く、上質な接客が求められます。

カフェ、レストランで働く

カフェやレストランでも、バリスタの資格やスキルを持つ人を積極的に採用する店が増えています。

とくにエスプレッソやコーヒーをウリにしているような店では、バリスタの大会で入賞経験があるなど、有名なバリスタが活躍しているケースも見られます。

店舗によって個性はさまざまですが、バールと同様にコーヒーに対する深い知識と抽出技術、接客技術が同時に求められます。

バリスタとして独立店舗を持つ

バールやカフェなどで修行を積んでいるバリスタの中には「いずれは独立開業したい!」という夢を持っている人も多いようです。

店のオーナー兼バリスタとして働く場合、「経営者」としての側面を持つため、仕事の幅はさらに広がります。

たとえば早朝営業にするか、ランチの時間に合わせてオープンにするか、メニューの値段はどうするか、店のウリを何にするかなど、すべてを自分で決めていく必要があります。

エスプレッソやカプチーノを専門に出す店舗の場合、高価なこだわりのエスプレッソマシンを店舗に置き、朝も夜もメンテナンスをします。気温や湿度などでコーヒー豆の品質に変化があるので、味を調整しながらその日の味を決めます。

チェーン店とは異なる「こだわりの一杯」を作るためには、高い技術と知識が要求されます。

また、自分で売上や経費などの試算も同時に行うことが多い、安定した経営を継続するためには、経営に対する知識やセンスも問われます。