バリスタの志望動機

「コーヒー好き」は当たり前

いまトップで活躍するバリスタたちも、最初は「コーヒーを飲むことが好き」というところからスタートしています。

そこから豆の種類や焙煎方法、抽出方法による味の違いに興味を持ち、コーヒーの奥深さに魅了され、どんどんのめりこんでバリスタを目指し始めたということが多いようです。

毎日ひたすらコーヒーと向き合う仕事だからこそ、コーヒーが好きであることは絶対に必要な条件といえます。「コーヒーの素晴らしさを多くの人に伝えたい」という情熱が、バリスタとして成功する原動力になるでしょう。

バリスタに魅了された人も多い

コーヒーは淹れる人によって味が変わります。また、バリスタの立ち振る舞いや気の利かせ方一つで、その味わいはさらに素敵なものにもなります。

おいしいコーヒーが飲めるお気に入りの店があり、そこで活躍するバリスタの姿を見ているうちに「自分もこんな風になりたい!」と憧れてバリスタを目指す人も少なくありません。

そんな憧れのバリスタの存在は、厳しい修行をも乗り越えて成長するモチベーションになるでしょう。

本場の文化を知ることも大切

トップバリスタの大半がイタリアで修行を積んでいるように、バリスタは、本場のバール文化を深く理解できるようになってこそ一人前ともいわれます。

自分が目指すバリスタ像にもよりますが、エスプレッソを基本としたコーヒーを淹れるバリスタになりたいのであれば、やはり本場のバリスタがどのように働いているのか、バールに集う人々がどのように過ごしているのかなどを肌で感じることは、非常に大きな意味を持つようです。

そして、海外で修行を積んだ日本人バリスタたちは、現地で感じたものを日本の人々にも伝えたいという想いをいっそう強く持つようになるようです。