バリスタの生活

シフト制が基本

バリスタの生活スタイルは、勤務先によって異なりますが、コーヒーを中心とするドリンクにデザート・軽食のみを提供するカフェであれば、朝から夕方までといったような日中時間帯の営業が一般的です。

一方、チェーン店や夕方以降にアルコールを提供するバールでは、朝7時頃から深夜近くまで営業する店もありますが、その場合は「早番」「遅番」といった2交代制をとっている職場が多いようです。

人気店や大きな店の場合、何人ものバリスタが在籍して交代で働くことも珍しくありません。

休暇はとれる?

フルタイムで働くバリスタの場合、週に1日〜2日程度の休日があるのが一般的なようです。

カフェはレストランほど時期によって客足が左右されないといわれていますが、たとえばオフィス街のカフェはお盆期間中にお客さんが減るなど、立地条件によっては繁忙期・閑散期も存在します。

あまり忙しくない時期には連休をとることも可能ですが、中には「休みが少ない」「勤務時間が長い」といった不満を持つ人もいるようです。

自分で勤務サイクルや休日をコントロールしたいのならば、やはり独立開業するのが一番かもしれません。

とはいえ、お客さまに飽きられない店を作り、存続させるのは簡単なことではありません。

開業後は、売上管理や新メニューの開発、営業時間前後の仕込みや片付けなど、雇われで働いているとき以上に忙しくなる可能性もあります。

もっとも、自分の店を持つような人は「心からコーヒーが好き」であるため、寝食を忘れて働いても幸せと考える人が少なくないようです。