バリスタの給料・年収

バリスタの給料は、勤務先や雇用形態、また自らの経験や実力によっても異なります。

ここでは、「店舗に勤務する場合」と「独立開業した場合」の2ケースを例に挙げて、収入がどの程度になるのかご紹介します。

店舗に勤務する場合

企業に勤める会社員と同様、バールやカフェ、レストランなどに所属して働く人の場合は、店舗(店の運営会社)から毎月給料が支払われます。

どれだけの収入が得られるかは、勤める店舗の規模や種類などによってまちまちですし、同じ店であっても雇用形態(正社員、契約社員、アルバイトなど)によって異なります。

未経験者の場合、最初はアルバイトとして入社し、スキルを身につけて契約社員、正社員へとステップアップする人もいます。

アルバイトであれば時給800円〜1,000円程度、社員になると月給18万円〜23万円程度を得ている人が多いようです。

年収にすると300万円以下に留まる人も少なくなく、他の職業と比べて特別に収入がよいとはいえません。ただしバリスタの場合、高いスキルを身につければつけるほど、より良い待遇の下で働ける可能性は高まります。

たとえば国内外のバリスタの大会で入賞経験があったり、バリスタの資格を持っていたりすると、就・転職の際に優遇されるケースが目立ちます。

店舗にとっても「腕のいいバリスタ」が在籍していることが、一つのPRポイントになるからです。

もちろん、持っているスキルを現場で生かせることが大前提ですが、有名店で働く一流バリスタになれば、年収500万円以上を稼ぐことも可能なようです。

独立開業した場合(オーナーバリスタ)

経験を積み、自分の店を出してオーナー兼バリスタとして働く場合は、店の売上によって自分の収入が変わってきます。

店を運営するためには光熱費や家賃なども必要となるため、お客さまが全然集まらなければ収入が少ないどころか、赤字になってしまう可能性もあり得ます。

一方、繁盛店になれば年収1000万円以上など、店舗に勤務するよりずっと大きな収入を得ることも夢ではありません。

同じ店舗でも、立地や月によって売上は変わるため一概にはいえませんが、街の喫茶店などの小規模なお店を開業し、バリスタをしている場合であれば、年収は400万円から700万円ほどになる人が多いようです。