バリスタの海外留学

留学するメリット

バリスタを目指す方法はいくつも考えられますが、日本国内の専門学校やスクールで学ぶほか、なかには海外留学をして現地の学校で知識や技術を身につける道を選択する人もいます。

バリスタやエスプレッソはそもそも海外が発祥であることから、留学して学ぶことで、本場の技術を掴み取りやすいといったメリットがあるでしょう。

バリスタそのものとしてのスキルアップだけではなく、自分の努力次第で語学力を高めたり、人脈を広げたりすることも可能です。

何よりも、日本にいてはわからない海外各地の文化に触れながら、人間性を豊かに深めていくことができるのは、バリスタとしても大きな財産になるはずです。

代表的な留学先

世界には、カフェやコーヒー文化が深く根付いている国がいくつもあります。

たとえば、バリスタの本場といえるのがイタリアです。

ミラノを中心に、エスプレッソを提供するバールは人々の暮らしに欠かせないものとなっており、一流のバリスタが数多く働いています。

そんなイタリアは、最も代表的な留学先のひとつといえるでしょう。このほか、ドイツ、イギリスといったヨーロッパの他国にもバリスタの学校があります。

次に、アメリカのシアトルも留学先として選ぶ人が多いです。

シアトルでは、「シアトル系」といわれるコーヒー文化が発展しており、イタリアとはまた異なるバリスタのスタイルを追求することができるでしょう。

このほか、カナダやオーストラリア、ニュージーランドもカフェ文化が強いといわれており、バリスタになるためのスキルを専門的に学べる学校があるようです。

留学後の進路

海外留学をしてバリスタのスキルを磨いた人は、帰国後、日本のカフェなどに勤めるケースが多いようですが、なかにはそのまま海外の店舗で修行を重ねたり、就職をしたりといった人もいるようです。

また、現地でしっかりと技術を身につけて日本で自分の店を出す人もいます。

意識しておきたいのは、留学をしたからといって、必ずバリスタとして思い通りに活躍できるとは限らないという点です。

留学経験をどのように生かしていくは自分次第となるため、しっかりと将来の目標を見据えてから留学を検討することをオススメします。