バリスタの休日

休日はシフト制

バリスタは店舗での仕事が主なので、基本的にシフト制での休日を取っています。

ほかのサービス業と同じく、月に6日〜8日のお休みというところが多いようです。

休日もコーヒーの勉強

バリスタになる人は、当然ながらコーヒーに強いこだわりがあります。一般の人と比べて、何倍もの量のコーヒーを飲んでいることでしょう。

休日であったとしても買い物の最中に新しいカフなどができていれば、迷わずコーヒーの味を確かめます。

「ここのコーヒーがおいしいのはなぜだろう?」「この価格でコレだけのクオリティのコーヒーが提供できるなんて」など、お店のこだわりや経営状況を思わず分析してしまいます。

また、お店で購入できないコーヒー豆や新しいものはできるだけ試すようにしているようです。

コーヒーのためならどこまでも行く

シフト制で動いているバリスタは、お店に申告すれば連休も取ることは可能です。たとえ連休でなくとも、遠方にとても美味しいコーヒーを淹れる場所がある、となれば即座にリサーチし、訪ねにいく方が大勢いるようです。

その土地や環境、雰囲気でコーヒーを楽しむことが、バリスタの休日の喜びの一つです。

もちろん、ほかの趣味などをもって休日を過ごす人もいますが、休日であっても、コーヒーやエスプレッソを楽しんだり、ついつい研究したりしてしまうのはバリスタならではです。

常に最高の一杯を追い求めている人が「バリスタ」といえます。