バリスタの活躍の場

日本でイメージされているバリスタは「エスプレッソを淹れる人」というくらいではないでしょうか。しかし、バリスタにはさまざまな活躍の場があり、職場によって仕事内容も少しずつ異なります。

ここでは、バリスタとして働く人の主な就職先や働き方を紹介していきます。

バールやコーヒー専門店、レストラン

本来、イタリアではバールで働く接客のプロのことを「バリスタ」と読んでいます。同時に、エスプレッソを淹れる知識と技術を持った人のことを指しており、日本のバールに従事するバリスタの多くも、エスプレッソに対して強いこだわりを持ちます。

バールの場合はコーヒーだけでなく、酒類や数多くの料理にデザートなども提供しているため、店で出すメニューすべてについて熟知している必要があります。

また、お客さまに心地よい時間を過ごしていただくため、トータルで空間を演出するようなセンスも求めらます。

そのほか、コーヒー専門店やレストランも、バリスタの代表的な活躍の場となります。

店舗によってメニューも違えばバリスタの業務範囲も多少異なりますが、いずれにしても「バリスタ」と呼ばれる以上、コーヒーのプロフェッショナルであることと、接客スキルを持っていることが求められます。

オーナーバリスタになる

バリスタは、個人で店舗を出している人も少なくありません。バリスタには必須となるような資格があるわけではありませんから、「コーヒーが好きだから」という理由だけで店を始めることも可能です。

喫茶店スタイル、スタンドコーヒースタイル、カフェスタイルと、独立の形態はオーナーバリスタの趣味によりさまざまです。

ただし、コーヒーが好きというだけで、店舗で修行をせずに独立してしまうのは、経験不足やノウハウが足りずに失敗してしまう可能性が高いので、やはりバールやカフェで修行を積んでから独立したほうがよいといわれています。

その他

現在の日本においては、バリスタの定義はハッキリと決まっているわけでなく、コーヒーチェーン店で従事するスタッフを「バリスタ」と呼ぶ場合もあります。

しかし、とくにアルバイトスタッフとして働く場合は、そう呼ばれることに抵抗を持つ人もいるようです。

ただし、接客レベルの高さや知識や技術が優れ、自社独自の試験に合格した場合、特別な扱いを受ける可能性もあります。

この場合、特別な店舗での従事や本来のバリスタのように、お客さまと対面でその場でコーヒーを淹れて説明することができるようです。