派遣のバリスタ

派遣のバリスタとは

バリスタとしての知識や技術を持つ人のなかには、正社員やアルバイトといった形ではなく、「派遣」のスタイルで働いている人もいるようです。

ただし、派遣のバリスタの場合、一般的なオフィスワークの派遣社員の働き方とは多少異なると考えておいたほうがよさそうです。

よくあるのは、企業などが自社のイベントや展示会などで1日あるいは数日間にわたって来場者にエスプレッソを振る舞おうとする際に、その会場に赴き、バリスタとして仕事をするというケースです。

しかし、雇われバリスタの多くは、たいてい正社員や契約社員、あるいはアルバイト・パートのスタイルで働いています。

勤務先となる店舗のスタッフとして、短期間あるいは長期にわたって仕事をします。

したがって、先述したような派遣の求人はさほど多くないと考えておいたほうがよいでしょう。

派遣のバリスタの仕事

派遣のバリスタは、企業などが各種パーティーやイベントなどを開催する際に、来場されたお客さまに対して、エスプレッソやラテアートなどのサービスを提供することが多いようです。

数は多くありませんが、こうしたバリスタの派遣サービスを提供する会社が存在しています。

そうした会社に登録することで、派遣のバリスタとして活躍することができるでしょう。

案件によっては、日本全国へ出張して仕事をすることもあります。

派遣のバリスタは1回の仕事ごとに報酬をもらうことが多いようですが、個々の技量によってその額は異なり、大会入賞経験があると一般的なバリスタよりも高額な報酬がもらえるようです。

派遣の場合、正社員のように、同じ店舗で腰を据えてキャリアを築いていくことは難しいと思われますが、さまざまな現場でバリスタとしての腕を発揮したいと考える人には、やりがいを感じられる働き方といえそうです。

ただし未経験では難しい働き方となるため、ある程度のスキルを持つ人が派遣としての働くことが一般的となっているようです。