番組制作会社社員のやりがい、魅力

クリエイティブな現場で活躍

番組制作会社社員にとっての大きなやりがいは、テレビの制作現場というクリエイティブな世界で働くことができるということでしょう。

多くの人の心を掴むことができる高視聴率番組を送りだすため、制作者たちは常に新しいアイディアを追いかけながら努力を重ねています。

「こんなテーマの番組はどうか?」「こんなスタイルで撮影したら面白そう!」「この出演者を抜擢しよう」と、意見の飛びかう職場は非常に刺激的ですし、ワクワクやドキドキを追い求める緊張感もあります。

発想力や企画力を生かした仕事がしたい人にとっては、飽きのこない挑戦し甲斐がある舞台となることは間違いありません。

自分にしか生みだせない番組を

テレビ番組を制作するうえでは、制作者の知識量や物の見方、考え方、世間に伝えたいメッセージというものが大きな意味をもちます。

ディレクターであってもカメラマンであっても編集マンであっても、常に独自の視点を大切にしながら、取材や撮影、編集などの作業を積み上げていくことが大切です。

こうした姿勢を貫くことで、他の番組とは一線を画すような印象的な番組を生みだせることがあります。

人々に深い感動を与えるドキュメンタリー番組、たくさんの笑いを届けることができるバラエティ番組、日本中の心を一つにするようなスポーツ中継…。

「自分でなければこの番組は作れなかっただろう」と思えるような良質な番組を生みだすことができたときには、制作者として最高の喜びを感じることができるのです。

番組制作会社ならではの魅力

放送局の社員の場合、「テレビ番組を作る仕事がしたい!」と思って入社したとしても、実際は事務職や編成職になることもありますし、キャリアを重ねるとともに番組の予算や人員管理の仕事を任されるようになることは珍しくありません。

しかし、番組制作会社の場合は番組作りそのものに携わる仕事をしているため、ごく一部の事務職のスタッフ以外は、自身のキャリアの中で長期にわたって番組作りに携わることができます。

番組制作会社は、クリエイティブな現場に最も近い場所といってもよいでしょう。