番組制作会社の仕事、業務内容

放送局の番組を制作

番組制作会社の主な仕事は、放送局のテレビ番組やラジオ番組の企画・制作を担当することです。

ドラマやスポーツの生中継や音楽番組、バラエティ番組やドキュメンタリー番組など、特定のジャンルに限らず、さまざまな番組を請け負っています。

具体的な業務の内容としては、インターネットや電話でのリサーチや街頭調査、関係者の取材や撮影、スタジオ収録、編集や映像加工、台本作成などになります。

ディレクターであれば企画の立案そのものから携わることもあり、番組制作に関するあらゆる業務を一手に任されることも珍しくありません。

昨今の放送業界を取り巻く状況としては、経費削減の波が押し寄せる中で番組制作の外部発注が増えているという現状があります。

私たちがテレビで目にする人気番組の多くが、実は番組制作会社によって作られているものだといっても過言ではないでしょう。

番組制作会社の職種

番組制作会社で働く人は、職種ごとに分かれて仕事をしています。

放送局の社員の場合は職種の垣根を越えて異動することも多々ありますが、番組制作会社の場合はひとつの現場でプロフェッショナルとして働ける専門性の高い人材を重宝する傾向があるので、職種ごとの採用や育成を行うのが一般的です。

具体的な職種としては、制作の指揮をとるディレクター、番組に出演するニュースキャスターやリポーター、撮影を担当するカメラマン、編集作業を担当する編集マンなどがあります。

チームで発注を受けることも

放送局から番組制作を発注される場合は、番組名や企画の概要、制作日数、必要な職種や人数などが提示されます。

番組制作会社の中から各職種を集めてチームを組んで仕事をすることもありますが、どちらかというと「ロケ用のディレクターが一人欲しい」とか「スタジオ収録の日にカメラマンを三人出してほしい」とか「編集マンをこの日程で二週間つけてほしい」という個別の依頼が来ることが多いようです。

依頼が来ると会社の中で話し合い、条件に合う人材を選出することになります。

また、番組によっては、年度ごとの契約や、上半期・下半期ごとの契約になることもあります。