番組制作会社への転職、中途採用

転職の盛んな業界

番組制作会社の仕事はクリエイティブで華やかなイメージを持つ人も多く、昔から人気のある仕事のひとつです。

しかし、近年ではインターネットの発展とともにテレビ番組の視聴率が振るわなくなり、予算削減のために放送局から番組制作会社に「下請け」や「孫請け」とも呼ばれる外部発注をされることが増えました。

こうした影響から番組制作会社は仕事量に対して人手不足であることが珍しくなく、新卒はもちろんのこと中途採用も積極的に受け入れているところが多いのが特徴です。

人材の入れ替わりが激しく、転職の盛んな業界といえるでしょう。

転職者の職歴

中途採用の場合、同じ業界で働いていた人や、関連する業界で働いていた人が応募してくることが多いようです。

たとえば、テレビ局の制作現場で契約社員やアルバイトをしていた人がディレクターに応募したり、芸能事務所でタレントをしていた人がリポーターに応募したり、映画やCMの制作会社で編集作業をしていた人が編集マンに応募したりするケースはよく見られます。

こうした職歴のある人は過去のキャリアをいかしやすいので、即戦力として働けるチャンスも多くなります。

未経験からの転職

一方、番組制作会社や募集する職種によっては「未経験者歓迎」としているところもあり、学歴や職歴よりも人柄を重視して採用することがあります。

機材の知識や技巧が必要となるカメラマンや編集マンの場合は経験者を求める傾向がありますが、ディレクターの場合はリサーチ能力や交渉能力、演出力があれば未経験者でも思わぬ才能を発揮することがあるからです。

ただし、採用後にいきなり仕事を任せてもらえることは珍しく、先輩の補助業務を行うアシスタント扱いからのスタートになるのが一般的です。

アシスタントの期間は給料も低く、雑務が多いためなかなか自分の時間も持てません。

未経験からの転職をめざす場合は、こうしたことを踏まえたうえで、転職に挑戦することが大切です。