番組制作会社の種類

演出系と技術系の違い

放送局からテレビ番組やラジオ番組の制作を請け負う企業のことを番組制作会社と呼びますが、企業によって力を入れている分野が異なります。

大手の番組制作会社の場合は幅広い職種の人たちが所属していますが、中小の番組制作会社の場合は、特定の職種のみに採用を絞っていることも多いです。

大きく分けると、ディレクターやアシスタントディレクターを集めた演出系の番組制作会社と、カメラマンや音声マン、照明アシスタントを集めた技術系の番組制作会社、また、映像編集の担当である編集マンやCG加工のプロフェッショナルを集めた映像系の番組制作会社などがあります。

放送局の関連会社

番組制作会社は、放送局の資本が入った番組制作会社と、独立系の番組制作会社に分類されることもあります。

たとえば、前者の場合は、公共放送であるNHKでは「NHKエンタープライズ」や「NHKプラネット」などの番組制作会社が代表的です。

民放の在京キー局は、テレビ朝日の「テレビ朝日映像株式会社(ViViA)」、フジテレビの「フジクリエイティブコーポレーション」、TBSの「TBSビジョン」、テレビ東京の「テレビ東京制作」などがあり、それぞれの放送局のコンテンツを中心に制作しています。

独立系の番組制作会社

こうした番組制作会社とは異なり、特定の放送局との関連はなく、独自に仕事を請け負っている番組制作会社もあります。

放送局の縛りがないぶんさまざまな番組を請け負うことができるので、仕事の幅が広いのが特徴です。

しかし同時に、特定の放送局からの後ろ盾がないぶん、安定した仕事量を得にくいという難しさもあります。

これをカバーするために「バラエティ番組が得意」「海外ロケの経験が豊富」「スポーツ中継のベテランスタッフが多い」など、専門性の高さを押し出すことで企業努力をしているところが多いようです。