番組制作会社に特有の職種

「ディレクター」の仕事

番組制作会社の中でもとくに募集が多いのは「ディレクター」という職種です。

「ディレクター」というのは番組制作における監督のような存在で、企画から取材や撮影、編集、台本作成まで全ての業務に携わり、他のスタッフに指示を出す司令塔のような役割をします。

この「ディレクター」を補佐する立場のスタッフのことを「アシスタントディレクター(AD)」といいます。

ADは撮影で必要なものの買い出しやデータのリサーチ、撮影の際の道路や施設の利用申請などを引き受け、ディレクターが演出に専念できるようにするのが大事な任務です。

多くの番組制作会社では、新入社員の場合はまずADとして採用され、経験を積み重ねてから一人前のディレクターに昇格するのが一般的です。

テレビディレクターの仕事
テレビADの仕事

「キャスター」「リポーター」の仕事

番組制作会社には、出演者である「キャスター」や「リポーター」として所属している人たちもいます。

「ニュース番組で原稿を読めるキャスターが欲しい」「スポーツ中継で現場から実況できるリポーターが欲しい」「CMのナレーターが欲しい」など、番組の内容に合わせて適任者が選ばれ、仕事を担当することになります。

ただし、テレビ局にはすでに社員としてのアナウンサーが在籍しているため、経費削減や人材育成を重視して、できるだけ局のアナウンサーを起用するようにしている放送局も少なくありません。

安定した仕事量を維持するためには、高い実力と知名度が必要な職種といえるでしょう。

ナレーターの仕事
リポーターの仕事

「カメラマン」の仕事

番組制作会社には、技術職であるテレビカメラマンも多く所属しています。

放送業界において撮影の仕事は特に外部委託されることが多いのです。

テレビドラマやドキュメンタリー番組、スポーツの試合の実況中継や歌番組の生放送など、番組の内容や収録の規模にあわせて毎回カメラマンが発注されることになります。

テレビカメラマンの仕事

「編集マン」の仕事

カメラマンが撮影した映像を編集するのが、「編集マン」と呼ばれる職種の人たちです。

映像のデータを編集機に取り込んだり、ディレクターの指示に合わせて必要なシーンをつないだり、テロップ入れや映像加工を行ったりします。

番組ごとに契約を交わして仕事を引き受ける場合もありますが、バラエティ番組やニュース番組などでは年間契約し、一年間同じコーナーの編集を担当し続けることもあります。