番組制作会社の給料・年収

番組制作会社の給料や待遇

テレビ局の社員は給料が高く、待遇がよいことでよく知られています。

とくにキー局は高収入で、30代で年収1000万円を超えることも珍しくありません。

また、住宅手当や配偶者手当など、福利厚生も充実していることでも有名です。

このことと比較すると、番組制作会社の給料や年収はあまり高くはないという現状があります。

もちろん、東京に本社がある大手の番組制作会社と地方の番組制作会社では収入や待遇には大きな差がありますが、一般的にいうと年収は300万円から600万円ほどと考えておいてよいでしょう。

アシスタント時代の厳しい待遇

番組制作会社の場合、入社後しばらくは契約社員やアルバイトとして雇用されることもあります。

とくにアシスタントディレクター(AD)やアシスタントカメラマンの場合、あくまでも先輩の補助業務にとどまり、見習い扱いのため決して給料は高くありません。

時給1000円前後からのスタートになることもあるので、最初のうちは実家から通ったり貯金を切り崩したりすることが必要となるケースもあるでしょう。

この業界をめざすのであれば、入社後の生活の見通しを立てておくことが大切です。

実力次第で高収入になる可能性も

もちろん、番組制作会社の社員のなかにも高い給料を得ている人もいます。

それは、プロフェッショナルとしての能力が高く、テレビ局側からの名指しでの依頼が絶えないような人です。

高視聴率を叩き出す番組を企画することができるディレクターやお茶の間に人気のあるリポーター、高い撮影技術があるカメラマン、編集のセンスが卓越している編集マンは、視聴率不振に悩むテレビ局にとっては絶対に手放したくない人材といえます。

こうした人たちに対しては、テレビ局側も高い金額の報酬を提示することで特定の番組につなぎとめておこうとすることが多いので、必然的に給料も高くなります。

番組制作会社にマージンを引かれるため全てが自分の収入になるわけではありませんが、実力や実績次第では、ある程度の高収入を得られると期待してよいでしょう。