番組制作会社の就職、求人、採用の状況

求人は多い傾向

番組制作会社の社員は、常に番組の「放送日時」という絶対的な締め切りに追われながら慌ただしく働いています。

近年ではテレビ局の予算削減の影響から制作会社への外部発注が増えており、慢性的な人手不足に陥っている番組制作会社も少なくはありません。

このため、新卒採用はもちろんのこと、中途採用も行っており、春や秋だけではなく年間を通して人員を募集しているケースもあります。

番組制作会社への就職をめざす人は、まずは自分の希望する企業のHPなどで求人情報をチェックしてみるとよいでしょう。

雇用形態の特徴

ただし、求人があるからといって、それが正社員の採用であることはそれほど多くありません。

正社員希望の人でも、まずは契約社員やアルバイトからスタートすることもあります。

その理由として、この業界は不規則な勤務時間やハードな仕事内容、クリエイティブな作業を続けていくことの精神的なプレッシャーなどから、一人前になる前に離職してしまう人が少なくないからです。

とくに、ディレクターやカメラマンの場合はアシスタントとして雑務をする期間があり、この段階で仕事を辞めてしまう人もいます。

ですから、特に中小企業においては、適性を見極めるためにも採用後しばらくの間は契約社員として採用する方針にしていることもあるようです。

最初から正社員で入社したい人は、ある程度大手の番組制作会社の採用試験を受けるなど、待遇を事前に確認した上で企業を選ぶことが大切です。

フリーランスという道も

この業界ではフリーランスで仕事をすることもできます。

フリーランスとして番組制作会社に登録しておき、仕事を紹介してもらって条件や希望に合うのであればその都度引き受けるというスタイルです。

一本ごとに報酬が決まっており、番組制作会社からマージン(仲介料)や手数料などが差し引かれた金額を受け取ることになります。

高い能力や幅広い人脈が必要とされるのがフリーランスですが、好きなときに好きな仕事ができるという意味では充実した働き方ができるのではないでしょうか。