番組制作会社社員として働くには(大学・学歴・学部など)

学歴は人それぞれ

番組制作会社の採用試験では、応募の条件として「高校卒業」あるいは「大学、大学院を卒業」以上の学歴を必要としているところが多いようです。

放送局の正社員の場合は採用試験の倍率が異常に高く難関大学出身の高学歴者が多い傾向がありますが、番組制作会社の場合は特にそういった傾向はありません。

どちらかというと、即戦力となるための実力や人柄重視で採用をするため、学歴にこだわらずにチャレンジできる業界といえます。

どんな学部でもOK

また、高校や大学での専門は「文系」「理系」どちらでも問題ありません。

基本的にはどのような学部でもOKなので、自分の興味のある分野をしっかりと究めておくとよいでしょう。

番組制作会社によっては、海外での番組取材や撮影を中心に引き受けていることもあり、語学が堪能な人を求めている場合があります。

海外で活躍したいという思いがあるのであれば、語学系の学部に進学したり、留学や旅行を通して語学力を磨いたりしておくと役にたつのではないでしょうか。

即戦力となるための学校

番組制作会社にはさまざまな職種の社員が所属しています。

そのなかでも映像を撮影する「カメラマン」や映像編集をする「編集マン」を志望する場合は、大学ではなくて、放送の専門学校に通って一通りの技術を身につけてからこの職業をめざすという道もあります。

専門学校で機材の扱い方や基本的なスキルが身につけていると入社後に即戦力として働けるので、早く現場に出て活躍したいという思いが強い人は、専門学校に進学するのもひとつの手なのです。

また、ディレクターやキャスター・リポーターの場合、芸術系の大学やマスコミ学科、アナウンスサークルなどに所属して在学中に勉強をすることもできます。

このような活動を通して人脈を広げておくと就職後にも役立つことがあるので、学生時代に同じような志を持つ人たちとの人間関係を築いておくことも大切です。