女性の番組制作会社社員

女性も活躍できる業界へ

テレビ番組の制作現場は、昔は男性のスタッフが中心の現場となっていました。

男性がカメラマンやディレクター、女性はリポーターやキャスターなどの出演者として制作に携わるのが一般的だったのです。

しかし、時代の変化とともに女性の社会進出が進み、番組の制作現場も大きく変わりつつあります。

今は多くの番組制作会社で、ディレクター、アシスタントディレクター、キャスター、リポーター、カメラマン、編集マン…とあらゆる職種で女性が活躍しています。

女性社員の産休や育休の制度に力を入れ始めている企業も多いので、女性も挑戦できる環境があると考えてよいでしょう。

女性を重宝する企業も

番組制作会社によっては、女性のスタッフの力を特に必要としていることもあります。

テレビは、主婦を中心とした女性をメインターゲットにしている時間帯も多いため、生活に役立つ知識を取り上げる情報番組や介護や育児などの問題に切り込む報道番組では女性の取材者の視点がとても大切なのです。

また、撮影の際にも女性スタッフがいることで雰囲気が柔らかくなり取材交渉が円滑に進められることがあるので、ロケクルーに一人は女性を入れたいと考えるケースもあるのです。

女性であることを強みにして働ける可能性がある業界です。

女性ならではの大変さ

番組制作会社で働く女性には、大変なところもあります。

この仕事はとにかく勤務時間が不規則で、定時になったら帰れるわけではなく仕事が終わるまではなかなか休むことができません。

友人や恋人、家族と過ごす時間や趣味など、プライベートを充実させたいと考える女性にとっては、ストレスに感じることもあるかもしれません。

また、企画が浮かばず徹夜でパソコンに向かうことや、編集が終わらず職場のソファーで仮眠をとりながら朝を迎えることもあります。

肉体的にも精神的にもタフな女性のほうが向いている職場であるのは間違いないでしょう。