番組制作会社社員とテレビ局社員の違い

h3>職種や待遇の違い

番組制作会社とテレビ局の社員には、どのような違いがあるのでしょうか。

まず、職種についてですが、番組制作会社の場合は番組を作る現場で働く職種に限定されるので、「ディレクター」や「キャスター・リポーター」「カメラマン」「編集マン」などのクリエイティブな職種がメインです。

一方、放送局であるテレビ局の場合は、放送に関係する仕事はもちろんのこと、CMのスポンサーを探す「営業」やイベントを行う「事業」、放送スケジュールを組む「編成」、番組を宣伝するための「広報」など、さまざまな職種があります。

また、番組制作会社とテレビ局の社員には、雇用環境や待遇の差もあります。

番組制作会社の場合は中小企業が多く、テレビ局社員ほどの高給は望めないのが一般的です。

テレビ局からの発注を受けて番組制作会社が仕事を引き受けるという構造になっているため、テレビ局社員のほうが番組に対する権限を持っているということもあります。

その分、番組制作会社の社員のほうが制作現場に近く、自分のアイディアやセンスを発揮しやすいということもいえるでしょう。

キャリア形成の違い

テレビ局の社員の場合、若い頃はディレクターをしていても年齢を重ねるとともにデスクやプロデューサーになり、後進の育成や予算の管理などの管理業務に仕事をシフトさせるのが一般的です。

制作現場での経験をいかして、放送スケジュールを組む「編成」という業務や、番組の宣伝を務める「広報」へと異動して後方支援にまわる人もいます。

一方、番組制作会社の社員の場合は、制作自体に携わる業務がメインとなっているため、基本的には年齢を重ねても同じ現場で同じ仕事をしながら働くことになります。

ずっと制作現場の第一線に立つことになるので、人によっては40代以降になったときに、体力の衰えを不安に感じる人もいるようです。

長いスパンで自分のキャリアを思い描いておくことが大切です。