バレリーナの体重、体型

バレリーナに要求される理想の体の条件

 
バレリーナに要求される体の理想の条件は、腕、脚、首が長いこと、全体的にほっそりしていること、顔が小さいこと、肩甲骨まわりが柔らかいこと、膝が良く伸びるまっすぐな脚であること、甲高であることなどがあげられます。

したがって、体重も身長マイナス120というのが一つの目安のラインと言えます。

理想の体になるために取り組むべきこと

 
けれども、この全てを満たしていないとバレリーナになれないというわけではありません。

理想の身体を作るためのバレエの訓練なので、適正なプログラムのもとで勉強・練習していけば、バレリーナになることも可能です。

海外では入学試験に合格した子供だけしかバレエを勉強できない国もありますが、日本では誰にでもバレエを勉強するチャンスが与えられています。

初めからバレエの理想の体型を持っている人は、日本人であれば1万人に1人もいないでしょう。

バレエを始め、バレリーナを目指そうと決心したからには、自分の身体の条件に対してくよくよ思い悩むことに時間をとられず、その時間を使って練習し、理想の体型に近づけるよう努力することが大切です。

海外で活躍している有名な日本人のバレリーナの中には、理想の体型をしているわけではない人もいます。その人たちは、努力と正しい訓練によって、バレリーナとしての芸術性を高めたために、活躍の場を得ることができたのです。

バレエの訓練は厳しいものですし、質の良い筋肉がなければ、テクニックの向上は望めません。食事をきちんと摂って、体調を管理し、質の良い筋肉になる食事のメニューを心がけましょう。

毎日厳しいレッスンをしているので、無理なダイエットによって体重を減らすことはありません。バレエの訓練を受けている人は、実際の体重よりも細く見えるものです。