バレリーナの食事・食生活

食事について

 
バレエのレッスンは、体力と集中力が必要とされる厳しいものですので、バレリーナには、筋肉の質を向上させ、体力のつく食事が必要です。そのためには、栄養のバランスのとれたメニューに従って食事をしなくてはなりません。

果物、お菓子、肉類を摂りすぎると、太るだけではなく、筋肉が固くなる恐れがあります。

特に中学生、高校生は身体が成長している大切な時期です。ダイエットなどはせずに食事のバランスに気を遣うことが大事です。どんな食事がいいのかは個人の体質によっても変わってきますので、一概には言えません。教師や専門家と相談しながら考えて行きましょう。

中学生、高校生は、夜間の時間帯にレッスンに通っていることと思いますので、できれば、レッスン前に食事を摂るようにしたほうが良いでしょう。

どうしても、ダイエットをしなくてはならないように感じた時には、必ず教師や専門家のアドバイスに従ってダイエットをしてください。雑誌やテレビなどで紹介されているダイエット法やバレエ漫画に描かれている内容を鵜呑みにしてダイエットをすることは非常に危険です。

バレリーナの食生活

 
バレリーナは毎朝のクラスを受けるので、朝食は少なめにしている人が多いです。クラスの後はリハーサルがあるので、動きにくくならないようにするため、昼食も少なめになります。

夜は舞台があると帰宅が夜中近くなりますが、そこで夕食を摂ることになります。朝も昼も少ししか食べていないので、たくさん食べます。

このパターンは、決して良いことではありません。けれども、仕方なくこういうパターンになってしまうことが多いです。

シーズン中は朝のクラスと舞台稽古の後、食事を摂ってから仮眠、夜の舞台に備えるという生活パターンをとれる人もいます。

ただしこれは生活環境が、整っていないと難しいパターンです。そのため、バレリーナとなってからも食事の内容に気を遣うことが必要です。