バレリーナの生活

毎日の主なスケジュール

 
バレリーナの生活は毎朝のクラスレッスンに参加することから始まります。バレエ団に所属している場合は、バレエ団でクラスを受け、フリーの場合はオープンクラスや個人のバレエスタジオでクラスを受け、午後はリハーサルに参加します。

バレエ団の場合は、午前中のクラスの後に夕方までリハーサルをすることが多いですが、フリーのダンサーを集めて行われる公演のリハーサルは、夜間や休日に行われる場合もあります。

バレエ団のクラス以外にもクラスを受ける理由

 
海外ではシーズンごとに契約をするバレエ団が多いです。

そのため、さらに水準の高いバレエ団を目指したり、少しでも自分を向上させ、次回の契約を有利なものにしたりするため、リハーサル後に、所属するバレエ団以外のオープンクラスにクラスを受けたり、個人レッスンを受けたりする人もいます。

所属するバレエ団のクラスは、クラスの後に行われるリハーサルに照準を合わせているため、基礎的な身体作りがおろそかになってしまわないように、他のクラスを受けるのです。

また、バレエ団のレッスンは大人数でのクラスなので、パーソナルアテンションが少なく、テクニックの向上を図るためにさらなる指導を必要と感じる人が多いということもあります。

本拠地以外での公演活動について

 
海外公演や地方公演に参加する場合は、バレエ団の日程に従い、ツアーに参加します。長い海外公演に参加すると、数か月かかる場合もあります。

お給料の出ないバレエ団に所属している場合は、時間の都合をつけて、教師の仕事や助手をしたり、短時間でも雇ってもらえるアルバイトをしたりする人もいます。

シーズンオフの活動

シーズンオフにはクラス自体がなくなり、ダンサーには休暇が出されます。

日頃の疲れを癒し、ゆっくりすることもありますが、その期間に他のバレエ団のオーデイションを受けたり、オープンクラスに参加してテクニックの向上を計ったりもします。