バレリーナの需要と募集状況

バレリーナの需要

 
職業的なバレリーナ 舞台に出演するだけで生活していけるバレエダンサーという意味合いにおいては、需要は極めて低いのが現状です。

チケットノルマがなく、舞台出演によって生活していける可能性があるバレエ団には下記のようなものがあります。

<新国立劇場バレエ団>
新国立劇場バレエ団は国が経営していますので、他のバレエ団とは違い、契約内容によって異なりますが、舞台出演に対して報酬が支払われ、チケットノルマを持たされることはありません。

<東京バレエ団>
東京バレエ団は多数の海外公演を行っており、国内での公演には海外のアーテイストを招聘するなどしているため、商業的に成功を収めている数少ないバレエ団の一つですので、やはり、舞台出演に対して報酬が支払われ、チケットノルマを持たされることはありません。

<松山バレエ団、Kバレエカンパニー>
松山バレエ団、Kバレエカンパニーは、バレエに興味のない一般の人にも名前を知られている有名な看板スターである森下陽子さんと熊川哲也さんが在籍、または主催しているため、看板スターが出演する際にはチケットが完売でき、チケットノルマは発生しませんが、他のダンサーが主役になるとノルマが発生することもあるようです。

その他のバレエ団

上記以外のバレエ団のほとんどは、舞台出演に対して報酬がゼロであったり非常に少なかったりし、また、チケットノルマを持たされます。

このような個人のバレエ団では、公演活動が商業的に成り立っていない場合が多いため、
公演のための費用は、生徒から得る月謝から捻出されることが多いのです。

団員がいなくてはバレエ公演ができませんからもちろん団員の募集をしています。そう言う意味ではバレリーナの需要はあるとも言えます。

ただし、このようなバレエ団に所属する場合は、舞台で踊る以外のことで収入を得る必要があります。

バレリーナの募集状況

 
新国立劇場バレエ団では、毎年、秋からのシーズンに向けてダンサーを募集します。

シーズン契約ダンサーと登録ダンサーがあり、オーデイション合格後、バレエ団の審査により、どちらの契約になるか決定されます。これにより契約期間が1年間になるか2年間になるかが決まります。

また、役のクラス(主役級、コール・ド・バレエ、貴族などの立ち役など)によっても契約内容が変わります。応募資格は18歳以上で、女性は170cm以下、男性は170cm以上という身長制限があります。

オーデイションの倍率は高く、合格する人数はわずか数名です。

東京バレエ団では毎年1月から2月にかけてダンサーを募集します。契約年数は限定されません。その年の予定している公演数、演目により募集人数は異なりますが、こちらもオーデイションに合格する人数は数名です。