バレリーナの資格

卒業すると取得できる「ディプロマ」

 
バレリーナの資格というものは特にありませんが、どのバレエ学校を卒業しているのかが問われることがあります。

海外に於いてはバレエ学校卒業時に卒業証書として「ディプロマ」を取得します。日本にはバレエ学校がないので、あまり馴染みのないものですが、在学中の成績証明書のようなものです。

海外のバレエ団では契約する際にこれが重要な資料となります。

バレエ学校には各生徒の在学時の成績が保管されているので、バレエ団側が契約時にディプロマを見て、バレエ学校に問い合わせることもあるからです。

外国人には出してくれない学校もありますが、学校によっては長期間留学し、卒業まで在籍すれば出してくれる学校もあります。

日本のバレエ団の場合には、入団の基準としてあまり重要視されないかもしれませんが、海外のバレエ団で踊って行きたい希望があれば、取得しておいた方が有利です。

語学力は大切

 
資格ではありませんが、語学力を身につけておくことは、留学や就職した時に有利です。特に長期留学の場合は、普通科目の授業もあり、当然のことながら普通科目の授業は、現地の言語で行われます。

2、3年以内の短期留学者の場合は、バレエ関係の授業しか受けられないので、普通科目を受けることはありませんが、バレエの授業中に注意される内容を充分に理解できないと、上達が遅れてしまいます。

さらに海外のバレエ団に就職した場合、バレエ団との契約や、振付家とのやり取りなどに余裕を持って対応できるような語学力が必要です。

どこの国で踊りたいかが決まったら、その国の言葉を勉強しましょう。