バレリーナの衣装

公演でのバレエ衣裳

 
舞台で踊る時に必要なバレエの衣装は、バレエ団や公演の主催者が演目にあわせて、振付家の作品への希望を取り入れて制作し、バレリーナに支給します。

通常、プロのバレリーナに衣装代の負担はかかりません。

発表会でのバレエ衣裳

 
バレエ学校やバレエ教室での発表会での衣装は、生徒が負担します。バレエ学校やバレエ教室に用意されている衣装を借りたり、バレエ衣裳のレンタル専門店から借りてきたりします。

レンタルの場合、どこからレンタルするかによって違いますが、中学生、高校生ですと、主役クラスで1~2万円(パ・ド・ドゥの場合はもう少し割高になります)、コール・ド・バレエで1万円前後、幼児から小学生の衣装は1万円以下が相場です。

バレエ学校やバレエ教室によっては、個人がバレエ衣裳の専門店に注文したり、自分で作ったりすることもあります。

バレエ衣裳の専門店に注文すると、生地、チュチュの段数、衣装の飾りつけなどにより大きく変わり、10万円前後で作る店もありますが、30万円以上する場合も少なくありません。

自分で作ると、生地代や飾りの材料費だけで済みますので、バレエ教室によっては、父兄が作るようにしているところもあるようです。

コンクールの衣装

 
これも発表会の衣装とほぼ同じで、レンタルまたは個人で注文します。コンクールによっては、1回のコンクールで何曲も踊る為、数着の衣装を用意する必要があります。コンクールの場合、時期によってレンタルの注文が殺到するので、早めに申し込む必要があります。

コンクール専門に衣装の注文を受けるバレエ衣裳専門店もあります。このような店に注文すると大変高価ではありますが、演目にも自分の体にぴったりと合った踊りやすく美しい衣装を作ってもらえます。