バレリーナになるための費用・学費

日本国内のバレエ専門学校の場合

 
<入学金>
25~40万円

<年間の学費>
60万円前後(教材費や施設費などを含めると約90万円)
この他に、発表会などの費用がかかります。
  

日本国内のバレエ団付属のバレエ学校の場合

<入会金>
2万円から5万円

<月謝>
月謝は回数にもよりますが、中、高校生が週に5回クラスを受ける場合は、3万円前後です。週5回だと1回のレッスン料は割安ですが、週3回の場合は、2万円前後で、1回のレッスン料は割高になります。

個人のバレエ教室の場合

 
<入会金>
入会金なし~2万円

<月謝>
月謝の相場は、日本国内のバレエ団付属のバレエ学校とほとんど同じです。

ただし、個人のバレエ教室の場合は、その教室を主宰する教師の考え方や地域によって月謝は若干変わってきます。概ね、上記のような月謝が相場とも言えますが、もっと高い場合も安い場合もあります。

<発表会>
年齢や役によって違いますが、概ね10万円前後かかります。参加費の他にレンタル衣装代が1着1万円前後×踊る曲数必要です。

男性と踊る場合は、生徒が男性への出演料を支払う場合があります。特に個人の教室ではそのシステムを取っているところが多いです。

他の生徒とシェアする場合は、10万円前後、一人で払う場合は20~30万円です。

バレエ教室によっては小さな会館で開催し、スタッフも外注せず、会館付きのスタッフに照明を依頼するなどして安く上げているところもありますので、バレエ学校などの発表会より安い場合もあります。

コンクール

コンクールに参加する場合は、コンクールへの参加費1~2万円程度と教師への指導料がかかります。

指導料を取らないで指導する教師もいますので、教室によってかかる費用が変わります。その他に衣装代とMDなどの舞台とリハーサルで使用する音楽の制作料が必要です。

一人前のバレリーナになるまでの費用

レッスンや衣装代、発表会など、バレリーナになるまでには非常にお金がかかります。一人前になるまでの合計の費用は、家が一軒建つくらいかかる人もいますし、大学に進学したくらいですむ人もいます。

その差はどこで勉強するか、どこのバレエ学校、どこのバレエ教室で勉強するかによって大きく変わってきます。