ベビーシッターへの転職、未経験採用

ベビーシッターに転職する人の前職は?

他の仕事に就いていたけれど、「子どもが好き」といった理由でベビーシッターへの転職を考える人がいます。

ベビーシッターに転職する人の前職は、やはり保育や子どもに関わる職業が多いようです。

たとえば「保育士」や「幼稚園教諭」が代表的な存在となりますが、これらの職種に就いて働いた経験を持つ人であれば、子どもと接することに慣れているため、ベビーシッターとしても即戦力になれるでしょう。

しかし、ここで注意したいのは、ベビーシッターは正社員の募集がそこまで多くないということです。

もちろん、正社員の募集を行うベビーシッター会社や民間の託児施設もあるものの、全体的に見ると、この仕事は派遣社員やアルバイト・パートとして働く人も多くなっています。

転職したいと思っても、就職先がうまく見つかるとは限りません。

とはいえ、ベビーシッターは近年需要が高まっているため、人手を欲している会社も増えているようです。

保育士や幼稚園教諭の資格・免許状取得者をはじめ、子どもの世話をすることから看護師の免許を持っている人なども、優先して採用されることが多いです。

また、最近では子どもの世話をしながら、英語などの外国語や楽器、絵画などを教えるベビーシッターの需要も高まっています。

外国語教師やピアノの先生などの経験を持つ人なども、ベビーシッターとして活躍しやすいでしょう。

ブランクのある人も活躍できる

女性が働きやすい世の中になってきているとはいえ、結婚や出産を機に職を離れる人は少なくありません。

数年間を育児に費やした後、再度社会に出たいと考える人の活躍の場としてベビーシッターを目指すのは良い選択であるといえるでしょう。

非常勤採用が多いゆえに、時間に融通がきき、家庭との両立が図りやすいこともメリットの一つです。

加えて育児経験はベビーシッターにとって最大の武器であるといっても過言ではありません。

転職の際にデメリットになりがちなブランク期間をあえて生かすことのできる業界であるといえます。

未経験からでも働くことは可能

これまで、子どもとはまったく関係ない仕事に就いていたという人でも、ベビーシッターになることができます。

実際、派遣社員やアルバイト・パートであれば「未経験者OK」という会社も多いですし、各社では事前研修が用意されていますので、研修を受ければ、あとは先輩と一緒に現場に出ながら徐々にスキルアップしていくことができます。

とはいえ、いざ子どもの面倒をみることになれば、育児や健康などに関する知識は欠かせません。

不安要素を少しでもなくしておくために、まったく育児や保育の経験がない人は、民間のベビーシッター養成講座に通ったり、子どもの世話をするボランティア活動をしたりして、基礎的なことを身に付けてから転職するという人も多いようです。

家事・育児の経験はアピールポイント

前職が全くの異業種であっても、家庭内で家事や育児の経験がある人は大きな強みになります。

採用する側も家事・育児経験のある人にはベビーシッターが未経験であっても期待を寄せる一つの要素になります。

主婦としてがんばってきた経験が転職活動に生かせる業種というのもそう多くはありません。

これはベビーシッター業界ならではの特徴であるといえます。