ベビーシッターは正社員として働ける?

正社員として働く条件

ベビーシッターは、派遣社員やアルバイト・パートとして活躍する人が多い職業です。

決して正社員にはなれないというわけではありませんが、いざ正社員としての就職先を探そうと思うと、以下のように、派遣やパートよりも厳しい採用条件をクリアしなくてはならないケースが増えてきます。

・資格や免許が必要(「保育士」「幼稚園教諭」「看護師」など)
・ベビーシッターの業務経験
・子育て経験や、集団保育の経験

なお、ベビーシッターは、保育園のような「集団保育」ではなく、一人ひとりの子どもに合った「個別保育」を行うため、保育士の仕事とは異なる面もいろいろとあります。

また、保育士の資格があるけれど現場経験はほとんどないという人よりは、子育てを長年経験したベテラン主婦といった人のほうが、重宝されるケースもあるようです。

正社員の給料・待遇

未経験者が正社員として働くのは簡単ではありませんが、正社員になると、待遇は派遣社員やアルバイト・パートよりも良くなります。

給料に関していえば、派遣社員やアルバイト・パートの場合は「1時間あたり○○円」という「時給制」のことがほとんどですが、正社員の場合は「固定給」となります。

また、正社員は賞与支給、昇給、有給休暇、交通費支給、社会保険完備といった好待遇の下に働けたり、職能手当や資格手当、役職手当、地域手当などが付くことが多いようです。

また、雇用形態に関わらず、夜間預かりや、専門的なスキルを必要とする業務(英会話の指導など)ができる人は、プラスアルファの額が加算されます。

正社員になると、会社の看板を背負うだけにより責任が重くなったり、残業に対応しなければならなかったりといったことも出てきますが、その分、派遣社員やアルバイト・パートよりも給与面や待遇面は優遇されているといえます。

ベビーシッターを育てる立場に

前述のように業界の主力はパート、アルバイトといった非常勤職員です。

在籍シッターは年齢を始め、経験や持っている資格もさまざま。中には全くの未経験者もおり、その力量には差があるといえます。

在籍シッターの教育担当を務めたり、各種研修を行ったりするのが正社員として本部に配属されているベビーシッターです。

正社員としてベビーシッターをしていくとなると、このように一般的なシッティング以外の業務が入ってくることになります。

当然ベビーシッターとして一定以上の経験と力量を有していなければ務まらないことを理解しておきましょう。

シッティング業務からは離れる覚悟も

正社員としての求人はパート、アルバイトに比べると少ないため、倍率も高くなりがちです。

また、運良く正社員採用されたとしても前項のような指導担当や、在籍シッターのシフト調整、利用希望者との電話対応なども業務に入ってきます。

それゆえ正社員はシッティングに関わる機会が少なくなり、ベビーシッターとして勤務しているという実感が得にくいこともあるかもしれません。