ベビーシッターに必要な免許は?

必須免許はない

ベビーシッターとして働くために必ず取得しておかなければならない免許はありません。

以下の項目で挙げる種々の免許も持っているとなおよいという程度に留まるものです。

事前に準備しなくてもすぐに就職活動が始められることはこの職業のメリットであるといえます。

持っていると優遇される免許

必須免許がないとはいえ、シッティングに生かせる免許を所持している人は就職の際に優遇されます。

フリーでシッターをする場合も所持免許を開示することで利用者からの信頼を得ることができ、安定した依頼を得やすくなります。

具体的には保育士、幼稚園教諭、小学校教諭、看護師、助産師などの免許が挙げられます。

病児保育、新生児保育には医療関連免許があるとよい

たとえば看護師の免許を持っていると様々な医療行為が可能になります。

したがって疾病を持つ子どもを抱える母親も安心してシッティングを頼むことができるわけです。

助産師の免許を持っていると新生児の保育に長けているという証明にもなり、沐浴なども安心して任せることができます。

医療関連の免許を持っていることで通常シッティングを頼みにくい立場にある人を支えることができるようになるといえるでしょう。

オプションメニューで免許を生かす

ベビーシッターのメイン業務がシッティングであることはいうまでもありませんが、オプションメニューとして自身の特性を生かすことが可能です。

とくに最近では保育と習い事を兼ねて依頼できるシッターに人気が集まっています。たとえば英会話や体操、ピアノなどです。

これらに関連する免許を持っていればオプションメニューを充実させることができるため、収入アップにもつながります。

自動車免許で依頼数を伸ばす

ベビーシッターは自身の住まいからそれほど遠く離れていない利用者からの依頼を受けるのが基本ですが、場合によってはその限りではないこともあります。

より多くの依頼を受けたいと考えた場合、移動手段は車である方が断然便利です。

したがって、自動車免許は仕事の幅を広げるために取得しておくことをおすすめします。

また、オプションとして自動車での送迎を行うシッターもいます。

スキルアップには民間資格を

ベビーシッターを標榜する民間資格は数多く存在します。必須免許とは言わないまでもベビーシッターに必要な知識を高めるために取得を目指すことは有効です。

中でも2000年に公益社団法人全国保育サービス協会が設置した「ベビーシッター資格認定試験」には合格しておくことをおすすめします。