ベビーシッターの仕事で気をつけるべきこと

5つのポイント

ベビーシッターとして働くうえで気をつけるべきこととして、大きく以下の5点が挙げられます。

1.依頼内容をよく確認し、指示を守る
2.ベビーシッター会社の規約・指示に基づく行動をとる
3.物品を壊さない・なくさない
4.子どもの安全を守る
5.子どもの健康状態を常にチェックする

それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

1.依頼内容をよく確認し、指示を守る

依頼者となる保護者からは、「子どもにこれをさせておいてください」「これはさせないでください」といった指示をされるときがあります。

たとえ何も指示がなかった場合でも、ベビーシッター業務に入る前には必ず保護者と打ち合わせをし、何をしていいか、何をしてはいけないのかを確認しておきましょう。

「面倒だし、まあ大丈夫だろう」とそこを疎かにすると、子どもを危険にさらすことになってしまったり、お客さまからの信用を失うことにもつながりかねません。

指示の内容はメモを取っておいたり、手に書いたりして、忘れないようにします。

2.ベビーシッター会社の規約・指示に基づく行動をとる

ベビーシッター会社からの指示も同様に、必ず守らなくてはなりません。

会社で決まっている内容に背く行動をとったり、必ず行わないといけないことを怠ったりすると、契約破棄となり、以後ベビーシッターとして働けなくなってしまう可能性もあります。

依頼者に安心して、気持ちよくサービスを利用してもらうためにも、約束事は必ず確認し、守ることを徹底しましょう。

3.物品を壊さない・なくさない

お客さまの私物を紛失したり、破損させないように気をつけることも大切です。万が一のことがあれば、すぐに会社とお客さまに報告をします。

協会に加盟しているベビーシッター会社なら損害賠償保険が適用されますが、加盟していないベビーシッター会社で働く場合や、個人で仕事をしている場合は全責任を負うことになります。

信用を失わないように、仕事に入るときは気を引き締めましょう。

4.子どもの安全を守る

子どもを預かっている間にケガをさせないよう、細心の注意を払う必要があります。散歩や外遊びで外出する際は絶対に子どもから目を離さないこと、また迷子や車・自転車との接触にも気をつけます。

5.子どもの健康状態を常にチェックする

子どもの体調は急変します。常にチェックしておかないと、ちょっとした異変に気づかず、気付いたらものすごく体調が悪くなっているということもあります。

普段から顔色や声の調子を気に掛けたり、おかしいと思ったら熱を測ってみるなど、できる限り把握するように意識します。

万が一、子どもの状態に異変があったときにはできる手当をし、保護者やベビーシッター会社へ連絡をします。