ベビーシッターになるための費用

資格がなくても目指せる

ベビーシッターに関連する資格としては民間の資格が数種類ありますが、どれも必須資格ではありません。

もちろん持っているに越したことはありませんが、求人情報を見ても特別な資格を持たずに応募することが可能であることがわかるでしょう。

つまり、ベビーシッターを目指すにあたって必要な資格や学歴はないため、そういった意味では費用はかからないといえます。

高校までの学費はかかる

学歴不要であるとはいえ、年齢を高卒以上と定めている会社がほとんどです。

子どもを預かるという業務の特性上、18歳に満たない若年者の採用はほとんどないと考えて下さい。

そう考えると最低でも高校卒業までにかかる費用はベビーシッターを目指す上でかかってくるといえるでしょう。

乳幼児に関わる資格所持者は優遇される

ベビーシッターの採用条件として最も重要視されるのは育児経験であるといっても過言ではありません。

これに代わるものとして挙げられるのが保育士や幼稚園教諭、小学校教諭、看護師、助産師といった資格です。

これらの資格所持者は採用の際に優遇されるのみならず、就職後の給与に特別手当が付与されることが多く、また利用者の信頼を得やすいというメリットもあります。

ベビーシッターとしてより良い条件で働くことを考えた場合、いずれかの資格は是非取っておくべきでしょう。

これらの資格は短大や専門学校で取得できるため、その学費が費用としてかかってくるといえます。

民間資格取得にかかる費用

ベビーシッターを標榜する民間資格は主に3つ。

その中でも最も安価に取得できるのが公益社団法人全国保育サービス協会の定める「認定ベビーシッター」資格です。

18歳以上で同協会の実施する研修を受講し、試験を受ければ取得が可能です。

研修の受講、受験料併せてトータル30,000円以内ですむので是非挑戦すべきでしょう。

ただし受験には実務経験が必要です。またこの資格は資格取得指定校で所定の単位を取得し、卒業することでも付与されます。

一般財団法人日本医療教育財団が定める「ベビーシッター技能認定」認定料は3,000円ですが、あわせて試験対策の講座を受講するとなると50,000~80,000円ほどかかります。

一般財団法人日本能力開発推進協会の定める「ベビーシッター資格」は4ヵ月間の認定講座を修了すると得られます。受講料は48,000円です。

これ以外にも産前産後ママヘルパー、産後ケアリストといった広義でのベビーシッターに関連する資格がいくつかあり、30,000円程度の費用で取得できるものが多くなっています。