学生でもベビーシッターはできる?

専門の学生であれば可能な場合も

大学や短大、専門学校で保育士や幼稚園教諭の資格を取得できるコースを専攻している学生であれば受け入れている事業所もありますが全てではありません。

学生の間にベビーシッターの経験を積むのは場合によっては狭き門になることもありえることを心得ておきましょう。

子育てサポーターに登録

自治体によっては子育てサポーターとして学生の登録を呼びかけているところもあります。

この場合、利用者が安心してシッティングを依頼できるように独自の研修を設け、修了者が登録されるという流れになっています。

ただし、学生不可としている自治体も多いのが実状です。

子育てサポーターへの登録を希望している人は自身の在住している自治体が学生を受け入れているかどうか調べる必要があるでしょう。

意外にもフリーが活躍の近道であることも

ベビーシッターの肩書きを名乗るのに学歴や資格は不要であるため、学生であってもフリーランスで活動することは可能です。

ベビーシッターのマッチングサービスを閲覧してみると多くの学生が登録していることが分かるでしょう。

中には保育とは関係のない分野の学生も多数シッター登録しています。

メリットとデメリット

利用者の立場で考えた場合、年齢も若く、経験の浅い学生にシッティングを依頼することに抵抗感を持つ人がいるのも現実です。

その不安感を埋めるために前述のような資格取得予定の学生であることを明示する必要が生じてくるわけです。

一方で子どもたちと歳の近い学生シッターはシッティング中に良好な関係を築きやすいため、リピートして依頼されることもあります。

男子学生が人気を集めることも

学生ベビーシッターが成功する一例として、普段母親には言えないことをシッターにだけは話せるといったような信頼関係を構築できた場合が挙げられます。

その際、時として敬遠されがちな男性シッターが重宝されることも珍しくありません。

ベビーシッターを利用する母親は仕事等で子どもとの時間を十分にとれず、心のうちを分かりかね、悩むこともしばしば。

シッターに母と子との懸け橋としての役割を期待する利用者も多いのです。

シッティング終了時には子どもが涙を流しながら別れを惜しんでくれることもあるとか。こうした積み重ねが継続した依頼につながっていくというわけです。

まずはボランティアから

ベビーシッターの採用条件の筆頭は育児経験の有無。したがって学生の立場でベビーシッターを行おうとすることは非常に不利であるといわざるを得ません。

将来のための経験としてベビーシッターの経験をしておきたいのであれば、それに準ずる形にはなりますが子育て支援施設や児童館などでボランティアとして子どもとの関わり方を学んでいく道も選択肢に入れるとよいでしょう。