英語ベビーシッターとは?

英語を教えるベビーシッターもいる

「ベビーシッター」とは一般的に、仕事で忙しかったり体調がすぐれなかったりするお客さま(保護者)に代わって、子どもの世話をする人のことをいいます。

しかし、中には子どもの世話をしながら英語を教える、「英語ベビーシッター」として活躍する人もいます。

英語ベビーシッターは、お客さまから依頼されることが前提にはなりますが、国際化が進み、幼児教育熱が高まる中、徐々に人気が高まっているサービスの一つとなっています。

英語ベビーシッターは何をする?

ここからは、英語ベビーシッターについて詳しく見ていきましょう。

英語ベビーシッターは、シッターをしている時間中、基本的に日本語を使うことはありません。英語でやさしく、わかりやすいように、ジェスチャーを踏まえながら話しかけています。

こうすることで、子どもは自然と英会話に親しむことができます。

「外国人ベビーシッター」として働く人もいますが、英語ベビーシッターは外国人の方だけが派遣されているわけではありません。

日本人でも留学経験があったり、帰国子女だったり、英語が得意という人が英語ベビーシッターとして働いています。

また、お客さまのほうから「日本人のシッターで」と指定されることもあります。

ベビーシッター会社には多くのシッターが登録しているため、子どもの英会話のレベルや年齢に応じて、シッターを変えるケースもあるようです。

もちろん英語を教えるだけでなく、子どもと遊んだり、ご飯やお昼寝の手助けをしたりといったように、通常のシッター業務も行います。

英語ベビーシッターとして働くには

英語ベビーシッターとして働きたいのであれば、まず、そういったサービスを提供しているベビーシッター会社を探しましょう。

ニーズは高まりつつあるものの、今のところ会社は東京に集まっているのが実情です。

もしベビーシッター経験が豊富にあり、英語力や指導力にも自信があるのであれば、ベビーシッター関連のマッチングサイトや掲示板などを使い、自分自身でお客さまとなる人を見つける方法もあります。

なお、英語以外にも中国語、フランス語など、お客さまの希望に応じて、さまざまな外国語を教えるシッターを行うケースもあるようです。