独学でベビーシッターになるには

独学でベビーシッターになれる?

ベビーシッターの仕事には、現在のところ国家資格が存在していないため、どのような人でもベビーシッターとして働くことが可能です。

また、専門学校など特定の学校で学ばなければいけないという決まりもないため、「子どもが大好きで、将来は子どもと接する仕事がしたい」という気持ちが強い人にとっては、比較的目指しやすい職業の一つといえるかもしれません。

しかし、他の職業と同様に、ベビーシッターにもそれなりのスキルが求められます。

たとえば、子どもの成長段階に応じた保育や育児のスキル、あるいは健康や医療、看護に関する専門知識などです。

近年は、ベビーシッターの需要の高まりとともに、未経験者を採用するベビーシッター会社も増えているため、現時点で必ずしも専門知識を持っている必要はありません。

しかし、いざ仕事を始めるとなれば「大事な子どもを預かり、自分が命を守る」という強い責任感が求められ、プレッシャーも大きなものとなります。

また、人の子どもの世話をするのはとても大変なことです。

安易な気持ちでベビーシッターになれば、「こんなはずじゃなかった」とつらい気持ちばかり残るかもしれませんし、子どもやお客さまのためにもなりません。

まずは、ベビーシッターの仕事がどういうものなのかを調べ、本当にこの仕事を目指したいのかをよく考えることが大切です。

独学でベビーシッターになるための近道

いくらベビーシッターに資格が必要ないとはいえ、本来は大学や短大などで保育について専門的に学び、同じく子どもに関わる国家資格である「保育士資格」や「幼稚園教諭免許」を取得することが望ましいとされています。

しかし、これらの資格を得るには時間もお金が必要になります。どうしても独学でベビーシッターになりたい場合は、保育サービスを提供する会社に勤務して、実際に保育に関わることが一番の近道です。

民間企業が提供する、通信制や通学制の「ベビーシッター講座」もありますが、こちらはある程度の基礎知識を得るという意味では有用だと思われるものの、それだけで仕事がうまくいくとは限りません。

ベビーシッターは人相手の仕事ですから、自分のイメージする通りに事が進まないことのほうが多いですし、とくに子ども相手となれば、予期せぬことが起こりやすいものです。

言ってしまえば、部屋にこもって本を読んだり机に向かって勉強をするよりも、現場で得た経験のほうがずっと役立つ部分も大きいのです。

「ベビーシッターとして1日も早く活躍したい!」ということであれば、とにかく雇用形態に関わらず保育の仕事を経験し、現場で実績を積み上げていくことが必要になってくるといえるでしょう。