アルバイトのベビーシッター

アルバイトでも働ける?

ベビーシッターは、主にベビーシッターサービスを提供する会社に所属して働きますが、そこには正社員として勤める人だけでなく、アルバイトやパートとして働く人もいます。

アルバイトやパートとして働く場合は、フルタイムでなく、1日の決まった時間だけ働くことが多いようです。

まず、自分が働ける曜日や時間帯をベビーシッター会社に伝えておくと、その条件に見合う依頼があれば会社から連絡が入り、仕事をスタートするという流れです。

アルバイト・パートの場合は、基本的に特別な資格が求められることはありません。

だいたい会社独自の研修が用意されていますから、その内容をきちんと身に付ければ現場に出ることができます。

なお、ベビーシッターはお客さまのご自宅に赴いて働くことが多いですが、イベント会場や、ベビーシッターの自宅で子どもを預かって面倒をみるという場合もあります。

どのような場所で働くかは、勤務する会社によって異なります。

忙しい主婦の活躍の場

現場で活躍するベビーシッターの主力はパートやアルバイトといった非常勤職員であるといっても過言ではありません。

正社員の募集は少ない上、業務も事務作業が多くなるため、現場は非常勤ありきなのです。

それゆえ、パート、アルバイトの求人は比較的容易に見つけることができます。

無資格、未経験でも十分に採用のチャンスがあり、短時間から勤務可能な会社も多いため、時間に制約のある主婦が大いに活躍しています。

主婦の本業ともいえる育児や家事はベビーシッターをやる上で大きな武器になるでしょう。

結婚や出産を機に退職を余儀なくされた人の再就職の場としての役割を果たしているともいえます。

アルバイトの探し方

ベビーシッターのアルバイトの募集要項は、一般的な求人サイトや求人情報誌、新聞の折り込み広告等を通じて見つけることができます。

また、各ベビーシッター会社のホームページの採用情報欄にも、募集要項がよく掲載されています。

近年、ベビーシッターサービスを提供する会社は増加傾向にありますが、会社ごとに研修内容やサポート体制、時給なども異なりますので、いろいろな会社の情報を集めてみることをオススメします。

託児スペースでの需要もある

保護者の施術中にキッズスペースで子どもを預かるサービスを行っている歯医者や接骨院が専属のベビーシッターを募集することも増えてきています。

その他、不動産のショールームやカルチャースクールなどからの求人もみつけることができるでしょう。

こういったタイプの求人の場合は一度に複数人の子どもの世話を行うことが多いこともあり、保育士や幼稚園教諭の有資格者が優遇される傾向にあります。

条件さえ合えば、好待遇のアルバイトとなることもあります。

給料や待遇は?

ベビーシッターのアルバイトは、時給で900円~1,500円くらいが相場となっています。ただし、経験や能力次第で、時給はアップすることがあります。

子育て経験のある人、保育士資格や幼稚園教諭、看護師の免許や認定ベビーシッターの資格を持っている人、あるいは特殊技能(英会話のスキルなど)がある人は手当が加算されることもあるようです。

また、基本的にお客さまの自宅を行き来する際などの交通費は別途支給され、土日祝日や早朝・深夜に勤務する際は、時給が上乗せされます。