アスレティックトレーナーの仕事内容

アスレティックトレーナーとは

アスレティックトレーナー(AT)の民間資格を認定する日本の団体は、公益財団法人「日本体育協会(JASA)」とNPO法人「ジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会(JATAC)」のふたつがあります。

そのうち「日本体育協会」によりますと、アスレティックトレーナーの仕事は競技者(スポーツ選手、アスリート)の健康管理、スポーツ障害・外傷の予防、応急処置、リハビリテーション、体力トレーニング、コンディショニングになります。

さまざまなスポーツ活動の現場で仕事をするためには、機能解剖学や運動学に関する専門的な知識を身につける必要があります。

専門はメディカル部門

一般的にスポーツトレーナーと呼ばれる職業には、取得義務はありませんが、たくさんの資格が存在します。

そのなかにアスレティックトレーナーとコンディショニングコーチという2種類の民間資格があります。

アスレティックトレーナーはメディカル部門、コンディショニングコーチは体力管理部門が専門ですが、職場環境によってはアスレティックトレーナーがその両方を兼任する場合もあります。

メディカル部門とは、具体的にはケガを予防するためのテーピングやストレッチング、負傷してしまった場合の消毒、止血、アイシング、テーピング、リハビリテーションのメニュー作成や指導、栄養管理などです。

職場環境による仕事内容の違い

プロのスポーツチームで活躍するアスレティックトレーナーは、専門のメディカル部門に特化することが考えられますので、ほとんどの方が柔道整復師や鍼灸師(はり師・きゅう師)、あん摩マッサージ指圧師などの国家資格をあわせて所有されていることでしょう。

柔道整復師の仕事
鍼灸師の仕事
あん摩マッサージ指圧師の仕事

国家資格があればスポーツドクターやコーチと連携して、マッサージや鍼灸などの治療を適切におこなうことができます。

そのほかの実業団などであれば、それぞれの競技に適した肉体をつくりあげるストレングス(筋力)トレーニングや競技者のコンディションを調整する体力管理部門も担当するかもしれません。

あるいはスポーツジムやフィットネスクラブであれば、おもにインストラクターとして勤務しながらアスレティックトレーナーの資格を活かすことも考えられます。

また保健所や福祉施設で働く場合は、理学療法士という国家資格をあわせもつ方もいらっしゃるでしょう。

理学療法士の仕事

日本国内では1994年に養成事業が開始されたアスレティックトレーナーの認知度は、少しずつ上昇しているとはいえまだけっして高いとはいえません。

ただしスポーツ競技はもちろん運動の必要性はあらゆる現場に浸透していますから、アスレティックトレーナーならではの今後の需要拡大が期待されます。