アスレティックトレーナーに向いている人、適性

思いやりと人柄のよさ

アスレティックトレーナーとは競技者(スポーツ選手、アスリート)やチームの健康管理を担う専門家なので、担当する競技者やチームに対してどれだけ思いやりをもてるかが非常に重要なポイントになります。

自分自身が競技をするわけではありませんが、サポートをすることで競技者やチームと一丸となって勝利の喜びをわかちあうほどの一体感を共有できるような人は、アスレティックトレーナーに向いているといえるでしょう。

どうすればケガを予防できるか、ケガをしてしまった場合にはどのようなリハビリテーションをおこなうのが最適か、ケガを再発しないような体力トレーニング方法など、状況に応じて親身になって考えることが必要です。

もっともアスレティックトレーナーに必要なのは人柄のよさともいわれます。

実際の現場では関わる方々の人数が多いので、誰からも慕われ、信頼される方がアスレティックトレーナーには向いているといえるでしょう。

コミュニケーション能力が高い人

アスレティックトレーナーは、ケガの予防や応急処置、リハビリテーション、体力トレーニング、コンディショニングをおこなううえで、スポーツドクターやコーチと連携をとる必要があります。

具体的にはケガをしてしまった場合に治療するのは医師ですが、専門的な医学的知識をかみくだいてコーチや競技者に伝えたり、コーチや競技者の希望する治療法を医師に伝えたりするなど、アスレティックトレーナーは関わる方々のまとめ役を担います。

状況に応じて柔軟に対応することが求められますし、さまざまな意見を聞いて最適な方法を導きだすバランス感覚も必要になります。

解剖機能学や運動学などスポーツ医科学全般にわたる幅広い知識や技術も身につけなければなりませんが、現場で重要なのは判断力だったり、コミュニケーション能力だったりします。

柔軟性やバランス感覚や判断力があり、まとめ役ができる人、総じてコミュニケーション能力が高い人は適性があるといえるでしょう。

スポーツに対する情熱がある

スポーツにはあまりくわしくない医師であっても、競技者を治療する場合には少なからず競技について知る必要が生じます。

競技者やコーチに代わってその競技の特性を医師に伝えるのもアスレティックトレーナーの役割のひとつです。

競技者やチーム、関係者への思いやりや円滑なコミュニケーションが育まれる源は、アスレティックトレーナーのスポーツを愛する心ではないでしょうか。

実際に競技をするしないにかかわらず、スポーツに対する情熱があるかどうかは、アスレティックトレーナーの大事な適性といえます。