アスレティックトレーナーとスポーツトレーナーの違い

スポーツ関連の仕事の分類

スポーツにかかわる仕事には競技者(スポーツ選手、アスリート)や審判、解説者などさまざまありますが、競技者を直接サポートする職種としては「スポーツインストラクター」と「スポーツトレーナー」に大きくわけられるのではないでしょうか。

「スポーツインストラクター」とは競技や運動指導者のことであり、「日本体育協会(JASA)」が公認する民間資格では競技別に「指導員」「コーチ」「教師」とそれぞれの上級資格に細分化されています。

スポーツインストラクターの仕事

「スポーツトレーナー」とはスポーツ指導者のなかでも競技者やチームの健康管理を担う専門家のことで、基本的には総称であって資格の名称というわけではありません。

スポーツトレーナーの仕事

さらに「スポーツトレーナー」は、メディカル部門を担当する「アスレティックトレーナー」と体力管理部門を専門におこなう「コンディショニングコーチ」に大きくわけられます。

「アスレティックトレーナー」と「コンディショニングコーチ」はともに民間資格があります。

アスレティックトレーナーの業務

スポーツトレーナーのなかでもとくにアスレティックトレーナーの仕事は、スポーツドクターやコーチと連携して競技者の健康管理、傷害予防、救急処置、リハビリテーションなどにあたることです。

アスレティックトレーナーはメディカルコーチやメディカルトレーナーと呼ばれることもありますが、治療をおこなう場合は柔道整復師や鍼灸師(はり師・きゅう師)、あん摩マッサージ指圧師などの国家資格をあわせもつ必要があります。

コンディショニングコーチはフィジカルコーチと呼ばれることもあり、それぞれの競技に適した肉体をつくりあげるストレングス(筋力)トレーニングや競技者のコンディションを調整することなどがおもな仕事です。

プロのスポーツチームであればアスレティックトレーナーとコンディショニングコーチがそれぞれ別に存在するかもしれませんが、実業団などであればスポーツトレーナーとしてまたはアスレティックトレーナーとして両方を兼任することもあるでしょう。

ただプロや実業団のどちらにしてもスポーツチームで活躍する方はきわめて少数であり、アスレティックトレーナーの職域はスポーツジムやフィットネスクラブ、学校、施術所、医療機関、保健所や福祉施設などにもひろがっています。

それぞれの資格が専門とする業務はメディカル面や肉体管理といった違いがありますが、競技者をサポートするという目的は共通しているといえるでしょう。

関連する国家資格や民間資格をいくつか所有し、それぞれの専門性を深く認識したうえで幅広く対応できる人材が、さまざまな現場で求められているのではないでしょうか。

そのほかのスポーツトレーナー

医療系国家資格やアスレティックトレーナー以外にもスポーツトレーナーとして活躍する方が取得する資格はさまざまあります。

国際的にも知られるコンディショニングコーチ資格の「認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト(CSCS)」とパーソナルトレーナー資格の「NSCA公認パーソナルトレーナー(NSCA-CPT)」はNPO法人「NSCAジャパン」において日本語でも受験できます。

そのほかNPO法人「日本トレーニング指導者協会(JATI)」による「JATI認定トレーニング指導者(JATI-ATI)」など、関連する資格はたくさんありますので専門性や各自の状況または必要性に応じてご検討ください。