アスレティックトレーナーの資格試験の種類、難易度、合格率

日本では民間資格

アスレティックトレーナー(AT)の資格には大きく3つあります。

それは

1.公益財団法人 日本体育協会公認アスレティックトレーナー:JASA-AT
2.NPO法人 ジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会 認定アスレチック・トレーナー:JATAC-ATC
3.NATA-BOC公認ATC ※アメリカ国家資格

です。

アスレティックトレーナーになるためにはおおむね上記の3種類のうちどれかの資格取得を目指すことになりますが、実際の活動現場では関連する国家資格や民間資格をあわせもつ方が多いようです。

1.日本体育協会公認アスレティックトレーナー:JASA-AT

「JASA-AT」の資格を取得するためには、日本体育協会の養成講習会を受講するか、適応コース承認校(スポーツ指導者養成講習会免除適応コース承認校)を卒業する必要があります。

ただし日本体育協会の養成講習会を受講するには条件があり、満20歳以上で関連団体の推薦と日本体育協会の認可が必要です。

日本体育協会(JASA) アスレティックトレーナー

現実的には関連団体でアスレティックトレーナーとしての活動実績がないと推薦を得ることは難しく、養成講習会の受講人数にもかぎりがあることから、適応コース承認校への進学が望ましいようです。

適応コース承認校を卒業することで資格が取得できるわけではありませんが、養成講習会や検定試験の一部が免除され受験資格が得られますので、詳細は各学校の公式サイトをご確認ください。

日本体育協会(JASA) 学校でも資格をとれます!

JASA-ATの難易度、合格率

「JASA-AT」検定試験の合格率は公表されていないようですが、非常に低いという声もあります。

日本体育協会公認アスレティックトレーナーマスターの山本利春氏によりますと、2002年当時の合格率は養成講習会修了者で約40%、適応コース修了者で約10%以下とのことです。

さらに久留米大学の広報によりますと、2010年の新規受験者の合格率は理論試験で約20%、実技試験で約50%とのことです。

1994年に「JASA-AT」の養成事業が開始されて以来、ATをとりまく環境は変化し続けていると思われますが、検定試験の難易度は非常に高いといえるでしょう。

2.ジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会 認定アスレチック・トレーナー:JATAC-ATC

そのうち「JATAC-ATC」は柔道整復師、鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師、理学療法士、作業療法士といった国家資格者向けの資格です。

「JATAC」が認定するスポーツ科学分野の講習を受けて69単位を取得し、申請すれば認定されます。

また2年制以上の専門学校、大学、大学院におけるスポーツ科学系コースの卒業生も、「JATAC」が認定する講習を受けて、臨床医学系専門科目16単位とスポーツ科学分野69単位を取得し、申請すれば資格が得られます。

スポーツ科学分野の単位は、体育学部卒業生などすでに該当する科目を履修している場合、一部あるいは全部を振り替えることができます。

さらに「JASA-AT」と「NATA-ATC」は「JATAC」の正会員に登録することができ、会員証とともに「JATAC-ATC」の認定証が授与されます。

ジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会 JATAC-ATCについて

NATA-BOC公認ATC

アメリカでは1950年にアスレティックトレーナーを統括する「全米アスレティックトレーナーズ協会(NATA)」が設立されました。

1990年には「アメリカ医学会(AMA)」によって準医療従事者として認定されたことにより、「NATA」の「資格認定委員会(BOC)」が公認する「アスレティックトレーナー(ATC)」は国家資格になりました。

「BOC Exam」という国家試験を受けるまえに、まずは「アスレティックトレーニング教育認定委員会(CAAT)」によって認定された大学の養成カリキュラムを受けて学士を取得する必要があり、日本から留学することもできます。

NATA-BOC公認ATCの難易度は?

「NATA-ATC」の「BOC Exam」という国家試験の2010年代の合格率は約80%で推移しているようです。

ただし日本人の留学生による合格率ではありませんし、日本人の受験者数そのものが非常に少ないと考えられます。

専門的な知識や技術に加えて実技における高いコミュニケーション能力もすべて英語で求められますから、難易度は高いといえるでしょう。